2012/8 こころみに 息を吸って 空をみあげよ

 

2012年8月のことば

2012年8月のことば

2012年8月のことば

こころみに 息を吸って 空をみあげよ

 


世間は怒りに満ちているように感じる。政治も経済も、そしてゴシップもしかり。新聞やテレビが報じるどれをとってみても、私たちがそれを見る姿勢に「怒り」が満ちているではないか。
怒りは喜怒哀楽のひとつ。私たちの感情表現である。ゆえに私の意志の力ではどうしようもなく、突発的に現れる。仏教ではそれらを煩悩というが、特に貪欲(むさぼり)・瞋恚(いかり)・愚痴(そねみ)の三つの毒(三毒)を挙げる。親鸞聖人は「いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころおおく、ひまなくして臨終の一念にいたるまでとどまらず、きえず、たえず」と三毒に生きる我々の姿を的確に言い当てられた。どれほど正義感に燃えようと、怒りは煩悩のひとつに過ぎない。
ひどい世の中だと他者を怒り罵るのは簡単だが、その世の中を構成している最小単位はほかならぬ三毒に満ち満ちた私であることに気づかなければならない。さもないと自分勝手な正義とやらを振りかざしているだけに終わる。「苦が外からついてくると思うているうちは苦はなくならない」とは蓬茨祖運師の言葉だが、所詮人間は自分が吐き出し自分が浴びる毒で自他共に苦しんでいるだけなのかもしれない。
さて、怒っている人は息も浅く健康に悪いともいう。ためしに深呼吸して、広い大空を見上げてみてはどうだろう。

↑過去倉庫2012へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2011.6.13

    人間は 偉いものではない 尊いものです

    [caption id="attachment_2059" align="alignright" w...
  2. 2013.8.11

    先日、朝起きたら、大きな虹がかかっていました。
  3. 2013年9月の言葉

    2013.9.11

    念仏のほかに 救いを求めるから おちつけぬのだ

    [caption id="attachment_3052" align="align...
  4. 2011.5.19

    まつり

    [caption id="attachment_2046" align="alignright" w...
  5. 2010.11.11

    大阪教区13組出張報告

    [caption id="attachment_707" align="alignright" wi...