2012/10 聞法は死の準備ではなく 生の糧である

 

2012年10月のことば

2012年10月のことば

2012年10月のことば

聞法は 死の準備ではなく

   生の糧である


お寺まいりは「まだはやい」という人がいる。「もうすこし年取ってから」。それも結構だが、蓮如上人は『わかきとき、仏法はたしなめ』と仰る。なぜか。『としよれば、行歩もかなわず、ねむたくもあるなり』と。この真意は年齢によらず、そのうち聞こうなどと思っていると、本当に聞きたいときに聞けなくなっているかもしれないよ、ということだろう。
さて、今年も秋が来た。夕暮れを見ていると無性に「今」という時間がいとおしく感じられる。それは、同じ夕暮れが二度と来ないからか、それとも明日また夕暮れを見られる保証がどこにもないことを感じるからか。
先があると思って生きているうちは、聞法などする気にもならない。気持ちはわかる。だがそれは「今」を粗末にしていることではないか。今を粗末にする者は過去と未来を粗末にする者であり、そして人生を粗末にしてゆく。一度きり、  そして誰もが賜りながら、だれ一人その始まりと終わりを知らない人生。それでいいのか。
上人はこうも仰る『仏法をあるじとし、世間を客人とせよ』。とかく世間をあるじとし、仏法を客人扱いしている私たちには耳の痛い言葉だ。世間に目を奪われ眼前の「今」が過ぎゆくのををただ受け流すのか、それとも仏法にわが身を映して今を確かめる歩みをはじめるか。
それは聞法によってのみ明らかになる。

↑過去倉庫2012へ戻る

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 2011年7月の言葉

    2011.7.4

    過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

    夏もいよいよ本番、意外に涼しかった梅雨とうってかわって、暑い日が続きますね。
  2. 結願日中のようす

    2012.12.3

    報恩講円成いたしました

    [caption id="attachment_2724" align="alignright" w...
  3. 2014年9月のことば

    2014.9.17

    人と違った考えを持つことは 一向にかまわないさ でも その考えを 無理やり他の人に 押しつけてはいけないな 〜スナフキン〜

    ひさびさのブログ更新です。
  4. 大通寺山門の絵

    2011.7.25

    趣味

    [caption id="attachment_2140" align="alignright" w...
  5. 2010.11.26

    御正忌報恩講参詣

    [caption id="attachment_1014" align="alignright" w...