2013/4 水を飲んで楽しむ者あり 錦を着て憂うる者あり
2013年4月のことば

水を飲んで楽しむ者あり 錦を着て憂うる者あり

2013年4月のことば

水を飲んで楽しむ者あり

錦を着て憂うる者あり

 


・・大慈大悲という言葉がある。果てしなく広く深い仏の大慈悲を表す言葉だが、かたや人間は小慈小悲。自分のことで一生懸命、隣人とすら仲違いをする人間は所詮その程度なのだ。親鸞聖人は加えて「小慈小悲もなき身」と厳しく押さえられる。
・・さて、「身の丈世代」という言葉がある。自分の身の丈を生きようと志す若者を指すらしい。たとえ商売で成功しても、それを拡大や競争の具にするわけではない。たとえ数が少なくとも顧客に対して精一杯の丁寧な仕事を心がけ、多くを望まない。まことに殊勝な生き方かと思う。
・・「ほんの少し努力しさえすれば欲しいモノはほとんど手に入り、そのモノに押し潰されそうになりながら、早く早くとせきたてられ、ゆとりを失う。不満や苛立ちが個人・社会を問わずこの国に充満している」とはかつて菅原哲男氏の視座(1995年)であるが、まさしく近現代とは「水を飲んで楽しまず、錦を着て憂えてきた」私たちの小慈小悲ももたぬ、身の丈を越えた自己中心的視点の結果かと感じる。
・・本当は自らの人生の足もとにこそ、共に楽しめる世界があるのだと「最近の若者」から教えられているようだ。
・・高度成長・バブルの狂騒は終わった。今またアベノミクスなどと浮かれているようだが、さて皆さんは如何。

 

↑過去倉庫2013へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2011年7月の言葉

    2011.7.4

    過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

    夏もいよいよ本番、意外に涼しかった梅雨とうってかわって、暑い日が続きますね。
  2. 2012年3月のことば

    2012.3.14

    苦悩を標準装備する者、それを人間という 酒井義一

    今月の言葉、更新しました。
  3. 2010.11.10

    宗祖真筆断簡公開中

    [caption id="attachment_700" align="alignright" wi...
  4. おもちをこねこね

    2010.12.30

    おもちつき

    お正月の本尊のお飾りは、内陣総掃除のあと、 全尊前に打敷をお掛けし、 立華(可...
  5. 2011.6.13

    人間は 偉いものではない 尊いものです

    [caption id="attachment_2059" align="alignright" w...