2013/5 あなたでなければ できない仕事があるのです
2013年5月の言葉

2013年5月の言葉

2013年5月のことば

あなたでなければ

できない仕事があるのです

 


・・「役に立つ」「役に立たない」で物事を無意識に分別している時がある。時には人間存在ですら。その意識の底には「私にとって」とか、「私の今の価値観において」という条件がつきまとっているはず。にも関わらず、さもその狭量な判断が絶対であるかのように錯覚している。恐ろしいことである。
・・『あれは嫌い これはダメ あいつは困ると、切り続ける。私はどうもハサミのようだ。』とは故・平野修師の言葉であるが、忘れる事勿れ。自ら他者を切り捨てた者はいつかどこかで切り捨てられるだろう。なぜなら、そういう価値観からなる世界を自ら作り上げ、はまり込んでいるからである。知らぬ誰かが作ったわけではない。自業自得の自業とは自分の業によって自分を限定してゆく視野の狭さである。
・・えらばず・きらわず・みすてずという仏の視野は違う。この世におけるどのような存在にも、「役に立つ・立たぬ」というレッテルを貼ることはない。
・・思えば植物も動物も、いのちの厳しい現実を生きてはいても、人間のように狭量なレッテル貼りはしない。互いにそのいのちを精一杯生きている。
・・誰かと比較し優劣を決める必要のない世界(浄土)はある。人間のみがその世界に立てないとすれば悲しいことだ。仏の眼に照らされて、あるがままの身が立つべき土の存在に気づきたい。

 

 

↑過去倉庫2013へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. お楽しみの(•—•)

    2015.8.11

    夏休みこどもの集い(報告)

    [caption id="attachment_4024" align="alignright" w...
  2. 2013年2月の言葉

    2013.2.3

    許す許さぬは外への視点 視点を内に転ずれば 私も許されている

    [caption id="attachment_2810" align="align...
  3. ちいさいいのち

    2012.7.1

    出発は足下からなのに、ひとはすぐ頭で歩こうとする 平野修

    [caption id="attachment_2604" align="alignright" w...
  4. 2014年7月の言葉

    2014.7.3

    軽蔑するものは軽蔑され 拝むものは拝まれる

    [caption id="attachment_3356" align="alignright" w...
  5. 2012年1月のことば

    2012.1.1

    やり直しのきかぬ人生であるが 見直すことができる 金子大栄

    [caption id="attachment_2443" align="alignright" w...