2014/1 これでいいのだ 〜バカボンのパパ〜
2014年1月の言葉

2014年1月の言葉

2014年1月のことば

これでいいのだ 〜バカボンのパパ〜


故 赤塚不二夫のが生んだキャラクター「バカボンのパパ」はどんな状況になっても「これでいいのだ」と肯定する。かたや私たちはどうだろう。
あいつはキライ これはダメ あいつは困る  
こいつはいい と切り続ける
私はどうも ハサミのようだ(故 平野修師)の言葉のとおり、事あるごとに否定から入る。世の中を否定することが、さも偉い事であるかのように。
バカボンとは、「薄伽梵」という仏教用語に由来するという。サンスクリット語のbhagavatという言葉が語源である。徳ある者、煩悩をやぶる者、分別のある者、尊敬を受ける者、栄光ある者…とあまりに多く意味を持つので、あえて翻訳しなかったそうだ。これはお釈迦さまのこと、または仏のことである。親鸞聖人は「十方の無量菩薩衆 徳本うえんためにとて 恭敬をいたし歌嘆す みなひと婆伽婆(薄伽梵に同じ)を帰命せよ」と尊敬の念をこめて讃えておられる。
南無阿弥陀仏は私たちと異なり、ことさらに否定をされない。師兄に教えてもらったことを思い出す。それは子どもがお寺の本尊・阿弥陀如来をみてこういったそうだ。「オッケー、オッケーしてはるなぁ」と。何のことかと思えば、印を結んでいる手を指してのことである。それぞれに意味が与えられている結印だが、意味を知らずともその姿は子どもに充分通じている。「これでいいのだ」。ありがたいことではないか。
/end

↑過去倉庫2013へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2012年1月のことば

    2012.1.1

    やり直しのきかぬ人生であるが 見直すことができる 金子大栄

    [caption id="attachment_2443" align="alignright" w...
  2. 2011.5.20

    臘扇忌法要

    [caption id="attachment_2054" align="alignright" w...
  3. おもちをこねこね

    2010.12.30

    おもちつき

    お正月の本尊のお飾りは、内陣総掃除のあと、 全尊前に打敷をお掛けし、 立華(可...
  4. 2016年2月のことば

    2016.3.22

    めでたさも 中くらいなり おらが春 2016/3月の掲示板

    [caption id="attachment_4084" align="alignleft" wi...
  5. 2011年03月のことば

    2011.3.1

    合掌の姿は尊く 念仏の声は美し

    [caption id="attachment_4153" align="alignright" w...