2014/3 人生とは その日その日のこと 〜金子大榮〜
2014年3月の言葉

2014年3月の言葉

2014年3月のことば

人生とは その日 その日のこと
〜金子大榮〜


春前の寒気に当てられたのか、それともPM2.5とやらの影響か、季節外れのインフルエンザに感染した。子どもの時以来、忘れ去っていた熱と痛みに苛まれ、今更ながら日頃の不摂生を思い知った。
ところで病の間に不思議な経験をした。自分でも驚くほど、急激に物事へのやる気が失せてゆくのを実感したのだ。普通の風邪とは明らかに違い、精神的に浸蝕されるとでも言おうか。痛む身体、動かぬ手足、上下する高熱に辟易し、大げさだが、どこか生きる望みすら失っていったといっても過言ではない。まったくもってあらゆることに興味が湧かず、投げやりな気持ちで寝込んでいた。
完治した今となっては、なぜそんな気持ちになったのか理解できず、従って今は元気なわけだが、人間は、この身、この精神状態のどこをとっても、全て「縁」によって成り立っているのだということを教えてくれた一件かと思う。どんな些細なきっかけで今の自分をひっくり返されるか分からない私たち。わたしの「今」とはそもそも本当に安定した状態なのか。日頃どんなに強がっても、この身一つの不調にかくも脆いのが人間である。「浄土をねがう行人は、病患をえて、ひとえにこれをたのしむ」 (御文・伝通記糅鈔)」とはなかなかいかないものだ。
不思議と与えられた今日を喜びつつも、その今日の「私」が不変である保障はどこにもない、という事実に思いを馳せねばならぬ。その日その日を丁寧に生きるためにも。
/end

↑過去倉庫2013へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 赤ちゃんと自衛官

    2011.3.24

    未曾有の災害

    [caption id="attachment_1915" align="alignright" w...
  2. 2010.11.26

    御正忌報恩講参詣

    [caption id="attachment_1014" align="alignright" w...
  3. 2011年03月のことば

    2011.3.1

    合掌の姿は尊く 念仏の声は美し

    [caption id="attachment_4153" align="alignright" w...
  4. 2011年7月の言葉

    2011.7.4

    過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

    夏もいよいよ本番、意外に涼しかった梅雨とうってかわって、暑い日が続きますね。
  5. 2013.8.11

    先日、朝起きたら、大きな虹がかかっていました。