2014/5 お念仏が こぼれてやまぬ 〜島本邦子〜
2014年4月の言葉

2014年4月の言葉

「いただきます」島本邦子

カニを食べた
カニの一生を食べてしもうた
カニにもろうた私の今日の いのち
芋を食べた
芋の一生を食べてしもうた
芋にもろうた今日の いのち
そう思ったら
お念仏が こぼれてやまぬ
 

私たちは、私のいのちしか見えていない。少し頑張っても、せいぜい、自分の家族や友人のいのちまで、ではないか。
 

私たちは、私の立ち位置しか実感していない。その大地は遠く離れた誰かと繋がっているというのに。そうやって狭い生きかたをして、たとえばこれまでの一生を支えてくれてきた、足の裏のありがたさなんて、すっかり忘れて生きている。

「目足(もくそく)」という言葉がある。故平野修師は「真宗といわれる宗教は、目と足に関係する宗教」という。私たちの目とは、なんと近くしか見えていないのだろう。私たちの足の裏の感覚はなんと鈍感なのだろう。それは目や足が悪いのではない。「私」が鈍感であったのだ。ああそうだ、お粗末であったと気づいたとき、日頃の詫びの言葉では到底尽くせない。まさに「お念仏がこぼれてやまぬ」のだ。
/end

↑過去倉庫2014へ戻る

2017年5月のことば

2017年5月のことば

天命に安んじて
人事を尽くす
〜清沢満之〜

ランダムピックアップ

  1. 2014年3月の言葉

    2014.3.15

    人生とは その日 その日のこと〜金子大榮〜

    [caption id="attachment_3281" align="align...
  2. 写真は関係ありません

    2011.12.11

    「仏説は仏弟子によって証しされる」安田理深

    [caption id="attachment_2386" align="alignright" w...
  3. 2013年2月の言葉

    2013.2.3

    許す許さぬは外への視点 視点を内に転ずれば 私も許されている

    [caption id="attachment_2810" align="align...
  4. 2010.11.20

    iPhone水没(報告)

    [caption id="attachment_865" align="alignright" wi...
  5. 幕も無事かかりました

    2010.12.14

    真廣寺報恩講円成です

    ご報告が遅くなりました。真廣寺報恩講、ことしも無事円成いたしました。