2014/9 人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ でも その考えを無理やり他の人に押しつけては いけないな 〜スナフキン〜

2014年9月のことば子どもの頃テレビで見た「ムーミン」が、いま名言集として注目されている。あまり記憶にないが、こんな大切なことを教えてくれていたのかと思う。
人はひとりひとり考え方が異なるもの。どれほど同じ空間と境遇を経験しても、少しずつ受け取り方が変わるのだ。だが、そのことが我慢ならない者がいる。それは他でもない。世界中に存在する「ひとりひとり」である。
考え方が異なることは、すなわち否定の始まりである。「私」と主張するところに、「他者」が生まれ、仲間を作れば仲間はずれが生まれる。私たちの行為は全て、自と他の関係だが、一方で協力しないと生きられない。人間の持つ矛盾である。この矛盾を解決しようと、先人はいろんな方法を取ってきた。議論・和解・法律・裁判…そして戦争…。
共に生きるためには、相手の違いを受け入れる必要があるが、人類の歴史とは、違いを糾すか遠ざけるだけを繰りかえし、結局は傷つけ合ってきただけではないだろうか。
その解決法は一つしかない。それは「歎異」である。それは単純に異なることを歎くという意味に留まらない。親鸞の弟子・唯円が師から学んだ歎異とは、歎異抄という有名な書物に結実する。それは「常にあやまちを犯すであろう私を問いつつ、他者のあやまちにたずねる」生き方だ。そこに押しつけは生まれない。違いはそのままに尊重され、そして全て南無阿弥陀仏の世界となる。
/end

↑過去倉庫2014へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2010.11.15

    企画案

    [caption id="attachment_830" align="alignright" wi...
  2. 2011年10月のことば

    2011.10.1

    仏法は鉄砲の反対である 高光大船

    [caption id="attachment_2279" align="alignright" w...
  3. btkun

    2010.11.10

    ブットンくんと出張

    [caption id="attachment_623" align="alignright" wi...
  4. 2011年7月の言葉

    2011.7.4

    過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

    夏もいよいよ本番、意外に涼しかった梅雨とうってかわって、暑い日が続きますね。
  5. 2011年5月の言葉

    2011.5.3

    人間は 耳が二つに口一つ 多く聞いて すこし言うため

    [caption id="attachment_1997" align="alignright" w...