2014/10 浄土は西岸にあれども 浄土の門は東岸にある 〜曽我量深〜

2014年10月のことば仏教の一般的なイメージは「断惑証理」。つまりあらゆる煩悩を断ち、努力を重ねさとりを得る。そのイメージが強すぎるためか、聴聞を重ねた人であっても口を揃えて「まだまだ」という。「右から聞いても左から抜けます、アカンことです」と。つまり努力が足りないと自分で言うのだ。
ではどこまで仏法修行すればいいというのか。実は仏教各派、明確に答えられる人はいない。こうして私たちは仏教に対し努力を永遠に積み重ねる印象を持ち、何が救いなのかすら見失ってきたのかもしれない。
浄土真宗の答えははっきりしている。「念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき(歎異抄)」、その“とき”である。「たかが念仏じゃないか」といわれそうだが、ここに親鸞聖人の思想がある。
役に立つのか立たぬのか、意味があるのかないのかと、あれこれ思案をめぐらせど、結局一歩も踏み出せていないのが人間ではないか。まず一歩踏み出せるのかどうか。浄土真宗はその一点を問う。あとはおまかせ。阿弥陀仏が救ってくださる。なぜなら御和讃に「今に十劫を経たまえり」とあるように、“たかが念仏”ひとつ満足に声にもだせない頑固な私たちを、法蔵菩薩が待ち続けてくださっているのだから。
たとえ遠く西の岸にあろうとも、浄土の入り口は東の岸、つまり私たちの人生に開かれている。「念仏を申せるか」という形をもって。 
/end

↑過去倉庫2014へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2014年3月の言葉

    2014.3.15

    人生とは その日 その日のこと〜金子大榮〜

    [caption id="attachment_3281" align="align...
  2. 神様の女房

    2011.12.30

    あいさつ

    [caption id="attachment_2411" align="alignright" w...
  3. 2011年10月のことば

    2011.10.1

    仏法は鉄砲の反対である 高光大船

    [caption id="attachment_2279" align="alignright" w...
  4. 2010.11.11

    大阪教区13組出張報告

    [caption id="attachment_707" align="alignright" wi...
  5. 2011.5.19

    まつり

    [caption id="attachment_2046" align="alignright" w...