2014/12 人間は信心に立たなければ 結局は金か権力に立つ以外ないのです 〜訓覇信雄〜

2014年12月のことばこの年末の忙しいときに、選挙である。街頭では騒音と共に候補者が正義と自説を展開する。しかし詮ずるところどの候補者も言っていることはどれも同じ。「私がこうすれば、世の中をこのように一番よくできる」だから「私に票を入れてくれ」。
ちなみに仏教的には「私がこうすれば、こうなる」と考えるのは間違いで、それを従因向果という。因から果を見る姿勢である。正しくは従果向因、すなわち「今、私があるの(果)は、因をたずねればこういうことであった」というように、果から因をたずねるものである。因果という言葉を弄び、未来を思い描くことは無駄である。なぜならその間にはたらく無数の縁を決してはかり知ることができないからだ。従因向果とは友引の葬儀と同じで、ありもしない結論をもっともらしく導き出す。人智と迷信とはまさに紙一重だ。
訓覇信雄氏はいう。「人間は、ただ生まれただけでは、ほんとうの人間にはなれません。やはりほんとうの人間になるためには、仏法を聞かなければいけないのです」。今回も金と権力を美辞麗句で奪い合う罵り合戦が幅をきかせる。訓覇氏はこうも言う。「わたしは偽物だと言う人は、ほんものなのです。真似して言うのはだめですが、ほんとうに私は偽物だったと言える人は、ほんものになった証拠です。偽物とも知らずに、うかうかして何十年もきて、平気で一人前の顔をしているのを偽物というのです」。
人の振り見て我が振り直せ。そう考えると選挙もまあ、悪くない。/end

↑過去倉庫2014へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2011.9.25

    秋季永代経のおしらせ

    [caption id="attachment_2268" align="alignright" w...
  2. お楽しみの(•—•)

    2015.8.11

    夏休みこどもの集い(報告)

    [caption id="attachment_4024" align="alignright" w...
  3. 幕も無事かかりました

    2010.12.14

    真廣寺報恩講円成です

    ご報告が遅くなりました。真廣寺報恩講、ことしも無事円成いたしました。
  4. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...
  5. 自力を主張する孤独の時代

    2013.10.18

    地獄はない しかし作り出している 浄土はある しかし見失っている

    遅まきながら10月掲示板更新です。本当に遅くなっちゃいました。