2015/3 念仏しても食えんかもしれんが、念仏せんと食べたもんが無駄になるぞ

2015年2月のことばある老母が息子に発した言葉であるという。

この前日に、息子は母に対し「念仏しても食えんじゃないか」と言い放った。母は息子のその言葉に一晩思い悩んだ末、この言葉を絞り出すように訴えたそうだ。

私たちはこの息子の気持ちを否定できない。念仏しても何の役に立つというのか。答えられる大人は少ないだろう。念仏がはたして飯のタネになるのか。実はその疑問こそ愚かなのだが、ついそう問いたくなるほど、念仏は一見、か弱く頼りないように感じる。

しかし老母の言葉に胸を打たれるのもまた事実ではないだろうか。「食べたもんが無駄になる」とは、つまり自らの人生が空しく過ぎてしまうことだ。

誰しもが一度きりの人生を大切に充実して生きたいと思いつつも、日々の出来事にとらわれ、ふと「このままでいいのか」という漠然とした不安、不可解な思いにさいなまれるもの。「無駄になる」と言われれば、その重みにどきりとしてしまう。

さてどうだろう。考え方の問題かもしれないが、人生の不安が漠然としているのならば、人生の安心もまた漠然としていてももよいではないか、と思うのだ。

念仏がわかる、わからない以前に、そもそも日頃の不安の元が何かもわからぬくせに、安心ばかりは自分に解りやすい、安易なものを求める姿勢に、現代人の苦悩の源があるように思う。

念仏は理屈ではない。解ってから称えるつもりなら、理解する前に人生が終わってしまうだろう。

↑過去倉庫2014へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2011.3.9

    真廣寺 春の永代経 お知らせ

    毎年恒例の、春の永代経のお知らせです。
  2. こどものたべもの基金ちらし

    2011.8.4

    こどもの食べ物を守る活動にご協力ください

    [caption id="attachment_2173" align="alignright" w...
  3. 2015年4月のことば

    2015.4.5

    難しいものは教えの側にあるのでなくて かえって私たちの側にある〜仲野良俊〜

    4月の掲示板、更新しました。この掲示板の言葉で思うことがあります。
  4. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...
  5. 2011年7月の言葉

    2011.7.4

    過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

    夏もいよいよ本番、意外に涼しかった梅雨とうってかわって、暑い日が続きますね。