2015/4 難しいものは教えの側にあるのでなくて かえって私たちの側にある〜仲野良俊〜

2015年4月のことば

よく「真宗の教えは難しい」と言われる。しかし教えはいたってシンプルだ。「本願を信じ、念仏申さば仏になる(歎異抄)」、これだけである。「難しい」という感想はどこからくるのか。

そもそも念仏は「いつでも、どこでも、誰でも実践できる行」であって、合掌と称名、つまり手を合わせ、口に称えることが基本だ。しかも、その回数や姿勢には、はっきりとした決まりがない。色んな事情で合掌や称名が叶わないならば、できる範囲でも構わないという。「易行」と言われるように、やさしい行の究極が「念仏行」である。

しかし「そんな簡単な行で果たして役に立つのか」という、人間の業がここで邪魔をする。これが「極難信法(称讃浄土経)」と言われる所以である。念仏を疑う業はひとそれぞれである。1億人いれば1億通りの業があることだろう。その業が本願を信ずることを妨げている。つまり念仏行は、行ずることは簡単でも、人がそれを説く教えをなかなか信じられないために、結果的に「難しい」と言われてしまう。

仲野良俊師はこの言葉の前にこうも言われる「教えは平易であり簡明であっても、それが複雑な、深く暗い私たちを掘り下げてくると、そこに難解なものが自然に生まれてくるのである」と。厄介で頑固な私たち人間。その姿に寄り添うために、先人はいろんな言葉を尽くしてくださってきた。尽くした言葉の数だけそこに本願と人の歴史がある。

 教えを難しくし、妨げているのは私たちだった。なんと深い業を生きているのか。

【→今月の掲示板、ほっこり味わいバージョンはこちら】

↑過去倉庫2015へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 私の机の本コーナー

    2011.1.19

    積読

    「積読(つんどく・積ん読)」って、一応洒落ながらも、辞書に載ってるちゃんとした言...
  2. 秋ですね

    2012.11.2

    ご無沙汰しております。

    大変ご無沙汰しております。
  3. 忙しくて机に突っ伏すの図

    2014.12.15

    お久しぶりです

    [caption id="attachment_3573" align="alignright" w...
  4. 2011年9月の言葉

    2011.9.11

    人の世の 小さきはからい 秋の風

    どうも書くたびに更新が遅くなるばかりでありますが、今月の掲示板、やっと更新しました。
  5. 幕も無事かかりました

    2010.12.14

    真廣寺報恩講円成です

    ご報告が遅くなりました。真廣寺報恩講、ことしも無事円成いたしました。