2016/7 夜明けの前は 闇に決まっている 闇に先立つ 夜明けはないことである 〜高光大船〜
2016年7月のことば

2016年7月のことば

世の中が揺れている。欧州は、アジアはそして日本はどうなってしまうのだろう。社会の混迷はいまに始まったことではないのだが、行く先への不安が募る。まさに一寸先は「闇」の状態である。

しかし、そんな時こそ高光氏の言葉は心に響く。冷淡にも聞こえるが、奥底からくる真実味がある。何度も読みかえしたくなる言葉だ。「夜明けの前は闇」「闇に先立つ夜明けはない」。ただ、ここでいう夜明けとは、人間が思い描くような「世界の平和」ごときではない。所詮は利己心剥き出しの人間世界、平和を旗印に掲げたとて、聞く耳を持たぬ輩は必ず生まれてくる。

夜明けとは他の誰でもない「自らの目覚め」である。誰かが目覚めさせてくれるのでもなく、誰かを目覚めしめるのでもない。私自身が私自身の人生に目覚めること。このことひとつである。なぜなら「外に求め、人のせいに」するのは「賛成・反対」派、ともに常套手段ではないか。不安が根底にある似たもの同士が、互いを罵りあい、傷つけあっても、生み出すものは憎しみと闇の連鎖に過ぎない。

この世は闇だ。ただ、その闇を作っているのはこの私自身なのだ。そう実感したときが、おそらく夜明けに最も近い所にいる。

↑過去倉庫2016へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2010.11.12

    携帯対応

    [caption id="attachment_741" align="alignright" wi...
  2. 2013年3月の言葉

    2013.3.17

    逆境を生きぬく人は尊い だが 順境に酔わない人もまた 有難い

    3月掲示板、ようやっと更新しました。
  3. 2011年1月のことば

    2011.1.1

    待つ長さ 過ぎ去る速さ 生きる今

    新年あけましておめでとうございます。今月の言葉、更新いたしました。
  4. 2016年1月のことば

    2016.1.8

    年を取ることはよろこびである

    [caption id="attachment_4050" align="alignright" w...
  5. 難波別院本堂

    2011.3.7

    お育て

    [caption id="attachment_1852" align="alignright" w...