2016/12 宗教問題を感じないということは 自己に対する無責任の告白である
2016年12月の言葉

宗教問題を感じない
ということは
自己に対する無責任の
告白である

あっというまに十二月だ。しかも年々早く感じられる。おそらく誰もがいま、忙しい毎日を送っていることだろう。しかし、この忙しさの足下にあるものは、またその先にあるものはなんだろう。少し落ち着いて考えてみる必要があるのではないか。

忙しさの足下の根本は「稼がなければ・食わなければ」という問題である。もしその根本問題を無視したらどうなるか「食えなくて、死ぬかもしれない」…。なるほど。しかしその忙しさの先はどうだろう。「食っていてもいずれは死ぬ」のではないか。

年末に死ぬなどと「縁起でもない」という声が聞こえそうだが、本来「縁によって起こる」から「縁起」というのであって、先々のことをあれやこれやと思いはかる言葉ではない。「死の縁無量なり」と言われるように、どこでどんな縁に出遇うか予想がつかないというのが人生の真実である。

だからこそ、忙しい今、わが生きざまにきちんと光をあて、せっかくの人生が空しく過ぎないよう聞き啓くことこそが最重要課題ではないか。宗教とは「むねのおしえ」と読む。真実の教えはごまかしたり先延ばしを決して許してはくれない。

「無宗教」などとうそぶく人間は「人生を捨て、無責任に生きている」に等しい。仏法のことはいそげ、いそげ。

↑過去倉庫2016へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 自力を主張する孤独の時代

    2013.10.18

    地獄はない しかし作り出している 浄土はある しかし見失っている

    遅まきながら10月掲示板更新です。本当に遅くなっちゃいました。
  2. 2011年04月の言葉

    2011.4.10

    人間の愚かさは 何に対しても答えを持っているということです

    4月掲示板、やっと更新しました。今月の言葉は、宮城 顗(みやぎしずか)先生のお言葉です。
  3. この世界の片隅に

    2016.11.27

    この世界の片隅に

    その作家の存在を知ったのは随分前になります。
  4. 2010.11.26

    御正忌報恩講参詣

    [caption id="attachment_1014" align="alignright" w...
  5. 2011年10月のことば

    2011.10.1

    仏法は鉄砲の反対である 高光大船

    [caption id="attachment_2279" align="alignright" w...