2017/5 天命に安んじて人事を尽くす〜清沢満之〜
2017年5月の言葉
2017年5月の言葉

天命に安んじて
人事を尽くす
〜清沢満之〜

元の言葉は「人事を尽くして天命を待つ(読史管見)」である。人が力を十分に尽くし(人事)、結末は天命(運命)に任せるという。だが明治時代に真宗教学を刷新した清沢満之は「天命に安んじて人事を尽くす」。人事と天命が逆になっているわけだ。

私たちはまず「自らの努力」を尽くさねば、尽くせるはず、と言う発想に立つ。そしてできない者は弱く、情けないと考える。「他力本願」を誤用する人はこの発想しか持てていない。

「自らの努力」とやらを真に突き詰めればどうなるか。親鸞聖人はそこに気づかれた。私の努力とは“あらゆる他によって賜った機会”にすぎない。「自力」とは目に見えぬ無量の「他力」に支えられた上の出来事ではないか。清沢はこの思想に出遇い、そしてそれを絶対他力と呼び、安んじた。

日々人事を尽くせているのは、人事を尽くせる他力に安んじていられるからなのだ。人事を先に立てれば、きっと天命に対して不安と不満が残るだろう。しかし天命に安んじた人事からは、いまこの瞬間を悠々と自適に生きる世界が見いだされる。尽くせてよし、また、尽くせずともよし。と。

↑過去倉庫2017へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2014年7月の言葉

    2014.7.3

    軽蔑するものは軽蔑され 拝むものは拝まれる

    [caption id="attachment_3356" align="alignright" w...
  2. 2011.5.19

    まつり

    [caption id="attachment_2046" align="alignright" w...
  3. 2011年9月の言葉

    2011.9.11

    人の世の 小さきはからい 秋の風

    どうも書くたびに更新が遅くなるばかりでありますが、今月の掲示板、やっと更新しました。
  4. 難波別院本堂

    2011.3.7

    お育て

    [caption id="attachment_1852" align="alignright" w...
  5. 2011年03月のことば

    2011.3.1

    合掌の姿は尊く 念仏の声は美し

    [caption id="attachment_4153" align="alignright" w...