2017/6 にぎって、はなして、向こうから〜訓覇信雄〜
2017年6月の言葉
2017年6月の言葉

にぎって
はなして
向こうから
〜訓覇信雄〜

ある推進員さんから教えてもらった言葉である。昭和の傑僧・訓覇信雄氏がよく語っておられたそうで、仏法の味わいをよく表した言葉である。

“にぎって”とは、人間の知恵である。「恵」はその字形から糸車に通じるとされる。「糸車のように知識を身に巻きつけ、理解し、覚え、活用する」ことでしか判断ができない私たちは、まさに「にぎって」おかないと安心できない。そのくせ、自分の知識で追いつかなくなれば「難しい」と放り投げる。

“はなして”とは、仏の智慧であり、「慧」はその字形から2本の箒に通じる。「ほうきのようにこれまで積み重ねた知識を一旦掃き寄せ、本当に大切な智慧に出遇う・気づく」ということだ。親鸞聖人が「ひごろのこころにては往生かなふべからず」と仰ったように、我々の日ごろの知識といえば、にぎりしめるばかり、にわか専門家を生むばかりである。ちょっと「離して」みればどうだろう。

仏教は何も小難しいことを述べていない。道元禅師も「目は横に、鼻は縦に」と仰る。実はあたりまえのことである。知識が邪魔してあたりまえのままに見えない私たちを仏は“向こう”がわから静かにご覧になっている。

↑過去倉庫2017へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2011年5月の言葉

    2011.5.3

    人間は 耳が二つに口一つ 多く聞いて すこし言うため

    [caption id="attachment_1997" align="alignright" w...
  2. 2011.9.25

    秋季永代経のおしらせ

    [caption id="attachment_2268" align="alignright" w...
  3. 2011年04月の言葉

    2011.4.10

    人間の愚かさは 何に対しても答えを持っているということです

    4月掲示板、やっと更新しました。今月の言葉は、宮城 顗(みやぎしずか)先生のお言葉です。
  4. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...
  5. 2016.8.8

    夏休み子どもの集い2016無事に終了しました。

    [caption id="attachment_4166" align="alignright" w...