2017/4 正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい …〜吉野弘〜
2017年4月の言葉
2017年4月の言葉

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

吉野弘氏の「祝婚歌」の一節である。新年度を迎え、さあこれから頑張るぞと誰もが意気込むこの季節、吉野氏のこの一節で少し自分をクールダウンさせるといいかもしれない。

私たちは常に自ら描いた完璧さ・正しさをもとめる。これを仏教では「定(じょう)」という。しかしどうだろう、平素、すぐに気が散って定まらない、完璧になれないのが私たちではないか。何事も飽きてしまったり、うっかり記憶から抜けてしまうではないか。これを仏教では「散(さん)」という。

多くの人が「定」をよいこととし、「散」をわるいことと考える。そしてそこから他者を安易に攻撃してみたり、あるいは自らを卑下し、結局は互いに傷つけあう。「真の仏教」とは定でもなく散でもない。「その間に立つ」ことを大切にする。大切なことだがよく忘れられているようだ。

たとえば釈尊は苦行の末に悟りを開いたのではない。苦行を去り、穏やかな心で自らを見つめ、静かに悟りを迎えられた。親鸞聖人も苦行の中で念仏に出会ったのではない。法然上人とその仲間にやさしく包まれ、苦行の日々を越えて念仏に出遇い直された。仏教ではこの姿を「中道(ちゅうどう)」という。「定」や「散」に偏り過ぎないことが大切。私たちは偏る生き物だから。吉野氏の言葉がわたしを照らす。

↑過去倉庫2017へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2012年4月の言葉

    2012.4.9

    地獄一定と思うてみれば 地獄極楽 用事なし 森ひな

    今月の掲示板と言葉、更新しました。森ひなさんは石川県小松市におられたおばあさんです。
  2. 2013年7月の言葉

    2013.7.16

    お経は人生の地下水である

    [caption id="attachment_2995" align="alignright" w...
  3. この世界の片隅に

    2016.11.27

    この世界の片隅に

    その作家の存在を知ったのは随分前になります。
  4. 2011年9月の言葉

    2011.9.11

    人の世の 小さきはからい 秋の風

    どうも書くたびに更新が遅くなるばかりでありますが、今月の掲示板、やっと更新しました。
  5. 2014年4月の言葉

    2014.4.12

    生かさるる よろこびにおう 春の梅 〜中村久子〜

    [caption id="attachment_3308" align="align...