2010/07 「ただ信心を要とすと知るべし」

2010年7月のことば

2010年7月のことば

ただ信心を要とすと知るべし

~歎異抄~

昔、レポートで「私の願い」というお題を貰ってひどく悩んだことがある。
なぜなら考えれば考えるほど、人さまに御披露するような願いなど持ち合わせていない自分に気づかされたからである。せいぜい、欲しいものが手に入り、身辺がすこし便利になれば…と考えたり、自分や家族が健康で長生きすればと思ったり…。
気がつけば、どの願いも叶えられればすぐに色あせる。または叶えられても仏法の道理(生老病死)の上ではいつかは手放さなければならないものばかりである。
私の願いとは私の人生の要(かなめ)である。要とは譬えていうなれば扇子の留め具である。扇子の骨はそこで束ねられ、扇子の形を成す。要が失われれば、扇子は当然その姿を失う。私が要を見失う時、私は私という人間の姿を見失うことになる。
宗祖は「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもってそらごとたわごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」と教えられる。「そらごとたわごと」に日々しがみつく私たちは、果たして何を要に生きているのであろう。今こそ「念仏の信心を要(よう)とする」とはどういう生き方なのかを我が身に問うべき時代である。

↑過去倉庫2010に戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2012年11月のことば

    2012.11.11

    終末を見据えて

    やっとこさ、掲示板更新しました。10月分と、11月分も。
  2. 2014年3月の言葉

    2014.3.15

    人生とは その日 その日のこと〜金子大榮〜

    [caption id="attachment_3281" align="align...
  3. 2013年3月の言葉

    2013.3.17

    逆境を生きぬく人は尊い だが 順境に酔わない人もまた 有難い

    3月掲示板、ようやっと更新しました。
  4. 2013年4月のことば

    2013.4.1

    水を飲んで 楽しむ者あり 錦を着て 憂うる者あり

    [caption id="attachment_2919" align="alignright" w...
  5. 大きな声でお勤めしました

    2013.11.29

    本日より3日間、真廣寺報恩講(2013)です。

    今年も報恩講の季節がやってきました。