2010/09 「昨日を追うな 明日をたのむな 今日を生きよ」

2010年09月の言葉

2010年9月のことば

「昨日を追うな 明日をたのむな 今日を生きよ」

夏の法話によくある題材で「幽霊」がある。幽霊とは後ろ髪を引かれ、手を前に出し、そして足が無い。これは私たちの姿であるというのだ。つまり、過ぎたことにくよくよし(後ろ髪)、未来への希望だけを望み(手を前に出し)、最も大切な今日を生きていない(足がない)というのである。まさにそのとおりではないか。
先日還浄なされた師は「仏法は『三世の救い』である」といわれた。三世とは「過去・未来・現在」のことをいう。現在だけを何かで満たそうとしても空しいだけである。また「過去」は忘れ去りたい、振り切りたい思いで詰まっていることが多いものだが、過去が現在にとって意味あるものとして捉えられない限り、現在の、そして未来の救いもありはしないのだ。
過去と未来は決して現在と切り離せない。私達が「今」あるということは、過去の結果である。そして未来は今この瞬間からの過去が作り上げてくれる。さあ果たして現在(いま)、私たちはそんな仏法に生きているのか。出遇えているのか。

↑過去倉庫2010に戻る

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 自力を主張する孤独の時代

    2013.10.18

    地獄はない しかし作り出している 浄土はある しかし見失っている

    遅まきながら10月掲示板更新です。本当に遅くなっちゃいました。
  2. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...
  3. 2011.5.20

    臘扇忌法要

    [caption id="attachment_2054" align="alignright" w...
  4. 2011年7月の言葉

    2011.7.4

    過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

    夏もいよいよ本番、意外に涼しかった梅雨とうってかわって、暑い日が続きますね。
  5. 2012年5月の言葉

    2012.5.12

    子は親のいうようにはしないが 親のするようになる

    2012年5月の言葉、実は先週、更新しました。ブログの更新がえらくおくれちゃいました(汗。