2011/02 聞くとは 我をたてぬことである。 ~金子大栄~

2011年2月のことば

2011年2月のことば

2011年2月のことば

聞くとは 我をたてぬことである。 ~金子大栄~

・・「きく」という言葉には二義あるという。ひとつは「聴く」。もうひとつは「聞く」である。「聴く」は理解するべく一生懸命キクということを指し、「聞く」は耳に入るままキクことを指す。現代の感覚では一生懸命「聴く」は正しく、耳に入るまま「聞く」はいい加減な態度として受け取られがちだ。

・・だが忘れてはいけない。仏法は「聴聞」するという。どちらも大切なのである。同じように見えても、前者は内容を理解することに執着してしまいがちである。「歩みが止まる」のだ。後者は確かにすぐ忘れるかもしれぬが、ゆえに何度も聞く。それは「歩み」である。頭の理解も大切だが、「仏法は毛穴で聞け」とは先達の言葉である。

・・現代人は見るもの聞くもの全てを分析し、頭で理解せずにおれないが、それはひたすら「我」に執着する姿である。知識はわが身以外を問題とし、とうとうわが身を問わない。それは「無明」である。蓮如上人はそういう姿を「われこころえがお(我心得顔)」と呼ばれ、「ひとまねばかりの体たらくなりとみえたり」と指摘される。

・・私たちは理解した「つもり」を生きているだけなのかもしれない。そんな浅薄な知恵ではなく、虚心に仏の智慧をいただくことが、今こそわれわれに必要なのではないだろうか。

↑過去倉庫2010に戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2010.11.15

    企画案

    [caption id="attachment_830" align="alignright" wi...
  2. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...
  3. 2014年4月の言葉

    2014.4.12

    生かさるる よろこびにおう 春の梅 〜中村久子〜

    [caption id="attachment_3308" align="align...
  4. 秋ですね

    2012.11.2

    ご無沙汰しております。

    大変ご無沙汰しております。
  5. 2013年7月の言葉

    2013.7.16

    お経は人生の地下水である

    [caption id="attachment_2995" align="alignright" w...