2010/12 金ためて 何をするぞと思いしに 煩悩ふやす ことばかり

2010年12月のことば

2010年12月のことば

金ためて 何をするぞと思いしに 煩悩ふやす ことばかり

・・年末整理をしていると、たまに古い新聞に出遇うことがある。時には戦前や戦中の新聞を目にすることもあり、その時の時代世相を反映していて実に面白いのだが、ふと思った。「こんなふうに今の時代世相を我が子・我が孫が目にするとき、どう感じるだろうか」と。

・・世はまさに「経済最優先の世相」。毎日毎日、為替と株の値動きに一喜一憂し、挙句それを苦にして自殺するひとまでいるという。「金がすべて」。これが後世に引き継がれるであろう今の世相ではないか。

・・釈尊の言葉に、『有田憂田、有宅憂宅』とある。私たちは田(=財産)や宅(=家)が無ければ、せめてそれがあればこそと憂い、逆にあったらあったでそれらを失わないかと憂えるものであるという。まさに今の世相を言い当てているかのようである。むき出しの欲望、際限のない経済追求。経済効率優先による人間の切り捨て…果たして人間的苦悩からの学び、人としてあるべき姿の継承はどこへいってしまったのだろう。

・・蓮如上人の時代、大阪の堺に日向屋という商人がいたという。日向屋は強欲のあまり財産を守ることに終始し、とうとう蔵で孤独死したという。彼の死の報に接した蓮如上人は、「堺の日向屋は、三十万貫持ちたれども、死にたるが仏にはなり候うまじ」と言われたという。人生の目標が経済すべてであるとするならば、これほど人として生まれたことを無駄にしていることはない。

↑過去倉庫2010に戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 大通寺山門の絵

    2011.7.25

    趣味

    [caption id="attachment_2140" align="alignright" w...
  2. 2013年7月の言葉

    2013.7.16

    お経は人生の地下水である

    [caption id="attachment_2995" align="alignright" w...
  3. 紫寳山扁額

    2011.5.5

    毛筆

    [caption id="attachment_2013" align="alignright" w...
  4. 難波別院本堂

    2011.3.7

    お育て

    [caption id="attachment_1852" align="alignright" w...
  5. 2012年5月の言葉

    2012.5.12

    子は親のいうようにはしないが 親のするようになる

    2012年5月の言葉、実は先週、更新しました。ブログの更新がえらくおくれちゃいました(汗。