2011/5 人間は 耳が二つに 口一つ 多く聞いて 少し言うため

2011年5月のことば

2011年5月のことば

2011年5月のことば

人間は 耳が二つに 口一つ 多く聞いて すこし言うため

・・日本人は議論が苦手だという。狭い島国に生きる上で、無用な衝突を避けたいという歴史的精神構造がそうさせるのだとか。だが昨今、文化や経済の国際化を見るにつれ、異文化に我々を解ってもらうためにも議論する技術が必須課題だろうと思う。

・・しかしテレビの公開討論会などを見ていると、やはり日本人は議論が苦手なのかな、と実感する。何が欠けているのだろう。それは「聞くこと」である。おしゃべりな人は議論ができない。では何をしているのか。一方的な「発表会」である。自分の思いを伝えることにご執心のあまり、他人の言葉が耳に入らないのだ。結局人間が他者や異文化を理解できない根本は、自らの耳元と口先に問題があるのかもしれない。

・・蓮如上人は「講」という念仏の集まりを大切にされた。そして互いの信心について話しあうことを強く推奨された。さらには黙っている者に「物をいわぬ者は、おそろしき」と叱咤されたという。それは話す事も聞くことも苦手な日本人に、対話することの大切さを知らしめようとされたのではないだろうか。

・・他人の意見を聞かない、これを我慢といい、自分の意見を聞かそうとする。これを驕慢という。いずれも「慢心・おごりたかぶり」を意味する。道徳でいうガマンも、仏教の目からすれば「慢心」の延長線上にある。対話の基本姿勢は「謙虚に聞くこと」にあり。さて、私たちの両方の耳は「聞けて」いるか。

↑過去倉庫2011へ戻る

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 2012年5月の言葉

    2012.5.12

    子は親のいうようにはしないが 親のするようになる

    2012年5月の言葉、実は先週、更新しました。ブログの更新がえらくおくれちゃいました(汗。
  2. 宗祖親鸞聖人

    2011.12.26

    きこまいか

    [caption id="attachment_2395" align="alignright" w...
  3. 神様の女房

    2011.12.30

    あいさつ

    [caption id="attachment_2411" align="alignright" w...
  4. 先端を折り曲げて丸く処理します(白く見えるのは綿棒)

    2011.3.3

    iPad(iPhone)ペンを自作しよう!

    iPad2、発表になりましたね。スペック的には微妙です…様子見かな…。
  5. 2010.11.11

    大阪教区13組出張報告

    [caption id="attachment_707" align="alignright" wi...