2011/7 過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

2011年7月の言葉

2011年7月の言葉

2011年7月のことば

過ちて改めざるこれを過ちという(論語)

過(あやま)ちを犯さない人はいない。誰もが人生で幾度か過ちを犯す。しかし過ちを過ちとして認め、自らを省みることができれば、それは本当の意味で過ちではない。人生の糧であるといえる。
「やりなおすことのできない人生であるが、見直すことはできる」との力強い言葉は金子大栄師のご教示である。過ぎたことをやりなおすことはできない。だが見直すことで、自ら犯した過ちを認め、踏み台とし、よりよい今とそして未来を考えることができる。そればかりではなく、あやまちであったはずの過去がそのままで救いとなって行く。これは人間のもつ力ではない。仏の智慧である。悩み多く欲多き我ら凡夫にも、こうして仏の智慧がはたらいてくださっている。
さて、あれほど懲りたはずの原発である。かといって電気は必要だ。すぐに廃止することはできないだろうけれども、後世のために今こそ知恵をふりしぼって、根本から「何か」を見直さなければならない時である。しかし、どうやら欲に目がくらんだ人々は、まだ過ちにしがみついておられるようだ。過ちて改めざる。なんと愚かな。なんと憐れな。

↑過去倉庫2011へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2010.11.13

    真廣寺報恩講のお知らせ

    [caption id="attachment_234" align="alignright" wi...
  2. 2016年1月のことば

    2016.1.8

    年を取ることはよろこびである

    [caption id="attachment_4050" align="alignright" w...
  3. 2016年お寺で子ども会

    2016.7.25

    夏休み子どものつどいのお知らせ

    [caption id="attachment_4158" align="alignright...
  4. 2012年5月の言葉

    2012.5.12

    子は親のいうようにはしないが 親のするようになる

    2012年5月の言葉、実は先週、更新しました。ブログの更新がえらくおくれちゃいました(汗。
  5. 6月の言葉

    2013.6.13

    耳にもちゃんと好き嫌いがあって いつもほめことばばかりをききたがる「変なわたし」〜平野修〜

    [caption id="attachment_2982" align="align...