2011/8 ほんとうの力は 力みをぬく力である

2011年8月の言葉

2011年8月の言葉

2011年8月のことば

ほんとうの力(ちから)は 力(りき)みをぬく力(ちから)である

テレビの特集で、老後の設計は大丈夫だと胸を張る独居老人を見た。他人の世話にはなりたくないのだというが、現代人の孤独と苦しみはそこにあるのかもしれない。
「我」という理想像が強すぎるあまり、他人に甘えることを拒絶する。自ら力むことで、ぎくしゃくし、孤独と苦しみを生んでいるということに気づけない私たち。「人と仲良くするには弱みを見せることだ」とかつて師にいわれたことがあるが、現代人は真逆で、人に対して弱みはみせたくないという「強さ」にしがみつく。それは果たして本当の強さだろうか。
このたびの原発事故で「想定」という言葉はどんなに空虚だったかを知ったはずだが、相変わらず自分の「想定」には余念がない現代人。かつて高光大船は『説明と談義と『ねばならぬ』で生き』る私たちの姿を悲しんだ。仏法では蚕が自らはきだした絹で自分の殻に閉じこもる姿を「蚕絹自縛(さんけんじばく)」という。
力みを抜き、強さも弱さもあるがままに生きるということがほんとうの力である。自らを縛ってはいないか。

↑過去倉庫2011へ戻る

2017年5月のことば

2017年5月のことば

天命に安んじて
人事を尽くす
〜清沢満之〜

ランダムピックアップ

  1. 2011年8月の言葉

    2011.8.12

    ほんとうのちからは 力みをぬくちからである

    [caption id="attachment_2180" align="alignright" w...
  2. お楽しみの(•—•)

    2015.8.11

    夏休みこどもの集い(報告)

    [caption id="attachment_4024" align="alignright" w...
  3. 真廣寺永代経2011

    2011.10.2

    秋季永代経終わりました

    [caption id="attachment_2290" align="alignright" w...
  4. 6月の言葉

    2013.6.13

    耳にもちゃんと好き嫌いがあって いつもほめことばばかりをききたがる「変なわたし」〜平野修〜

    [caption id="attachment_2982" align="align...
  5. こどものたべもの基金ちらし

    2011.8.4

    こどもの食べ物を守る活動にご協力ください

    [caption id="attachment_2173" align="alignright" w...