2011/9 人の世の 小さきはからい 秋の風

2011年9月の言葉

2011年9月の言葉

2011年9月のことば

人の世の 小さき はからい 秋の風

はからいとは、「計らい」と書く。はっきり言えば計算である。『人のはからい』と言えば、それはつまり、人間にとって都合の良くなる行動のための計算、ということか。
ただ「人間」と書くとどうも主語がぼやけているようだ。人間とはほかならぬ私自身ではないか。ひとごとではない。すべて『私のはからい』である。見渡せば、人間一人ひとりが「私」をもち、私の都合のために計算している。それを皆がやれば「人の世」という表現になる。
さて、自然とは「自ずから然らしむ」という。自然の脅威というが、自然はただそこにあり、縁が来れば起こり、縁が来なければ起こらない。善も悪もなく、ただ縁によって起こる。
そこに善悪すなわち都合の善し悪しをつけているのは誰なのか。ちいさな人間のちいさなはからいが、大きな自然の法則の前に問われている。
そろそろ秋の訪れである。夏も秋も、人間の計らいでは用意できない。合掌。

↑過去倉庫2011へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 赤ちゃんと自衛官

    2011.3.24

    未曾有の災害

    [caption id="attachment_1915" align="alignright" w...
  2. 2010.11.17

    プラグイン

    [caption id="attachment_838" align="alignright" wi...
  3. ちいさいいのち

    2012.7.1

    出発は足下からなのに、ひとはすぐ頭で歩こうとする 平野修

    [caption id="attachment_2604" align="alignright" w...
  4. 真宗合同布教大会

    2013.2.18

    真宗合同布教大会1

    [caption id="attachment_2834" align="alignright" w...
  5. 2010.12.4

    12月掲示板、更新しました

    [caption id="attachment_1057" align="alignleft" wi...