2012/2 子どもは大人になるけど 大人は何になるんですか

 

2012年2月のことば

2012年2月のことば

2012年2月のことば

子どもは大人になるけど 大人は何になるんですか


宮戸道雄先生のお話に出てきた言葉である。

この言葉を聞いた時、自らの半生を省みて「しまった」と思わず感じた。何も私が大それた失敗をしたわけではなく、むしろ何もない。順当に生きてきた、そんな意識である。しかしだからこそ問題なのだと思う。

私たち大人は、自らの理知分別でもって世の中を理解し、子どもより大人へと成長してきた。その歩みの間、正しい判断ができ、正しい理解がより早くできる人が優れた人であるとしてきた。そしてそれが当然のこととしてきた。

さて、ではその大人となったはずの私たちは何をしただろうか。環境問題、少子高齢化、無縁社会、原発問題、震災復興…。正しい判断ができるはずの大人が残したものは次の世代の子どもたちへのツケばかりではないだろうか。

今こそ大人のしがみつく「理知分別」の限界を思い知らねばならない。

子どもが大人になるのに必要なのは学びであり、知識であるかもしれない。しかし大人が必要なものはそればかりではない。冒頭の「しまった」はそれを言い当てられた気がしたからである。

さあ、かつての子どもたちよ、私たちは何になってゆくのだろう。

↑過去倉庫2011へ戻る

2017年5月のことば

2017年5月のことば

天命に安んじて
人事を尽くす
〜清沢満之〜

ランダムピックアップ

  1. 忙しくて机に突っ伏すの図

    2014.12.15

    お久しぶりです

    [caption id="attachment_3573" align="alignright" w...
  2. リアル一休さん

    2013.11.15

    世の中は 喰うてかせいで寝て起きて さてそのあとは死ぬるばかり 一休

    [caption id="attachment_3178" align="alignright" w...
  3. なつのそら

    2012.8.10

    こころみに 息を吸って 空をみあげよ

    [caption id="attachment_2631" align="alignright" w...
  4. この荘厳、ご門徒さんが自らなさるのです。

    2011.2.22

    まわりぼとけさん

    [caption id="attachment_1519" align="align...
  5. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...