2012/3 苦悩を標準装備する者、それを人間という 酒井義一

 

2012年3月のことば

2012年3月のことば

2012年3月のことば

苦悩を標準装備する者、それを人間という

酒井義一


苦悩は人生のどこにでも転がっている。できれば苦悩に遇いたくないというのが人情である。しかし釈尊が「一切皆苦」とお示しになったように、苦悩は無くならない。誰もが知っていること。まさに私たちの「標準装備」なのだ。
ならば、苦悩を遠ざけようとせず、この苦悩を引き受けて生きる道を選ばなければならない。かつて宗祖聖人は「お念仏」というあまりに頼りないものを苦悩する私たちに託してくださった。あまりに頼りない念仏、であるにもかかわらず、聖人ご入滅後750年以上、私たちの祖先はこのお念仏によって生かされ、救われてきた。苦悩がそのままで苦悩にならない世界、それが念仏によって開かれてくる世界である。もしも念仏を頼りないしか思えない私がいるとするならば、宗祖が、先達が喜び生きた人生をまだ謳歌しきれていないのかもしれない。まして「こうすれば苦悩は避けられる」などと、できもしない甘言に弄されているならば、それこそが苦悩であることを知らねばならない。
震災から1年。人生にはまさしく想定外のいろんな苦悩が襲いかかってくる。でももし「苦悩する身そのままが私」なのだ、と、いただける生活に目覚めるならば、これほどの救いはないだろう。
南無阿弥陀仏。

↑過去倉庫2011へ戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2012年12月の言葉

    2012.12.16

    皆さんは 待たれて いるんだ 〜酒井義一〜

    [caption id="attachment_2739" align="alignright" w...
  2. 2011年8月の言葉

    2011.8.12

    ほんとうのちからは 力みをぬくちからである

    [caption id="attachment_2180" align="alignright" w...
  3. 赤ちゃんと自衛官

    2011.3.24

    未曾有の災害

    [caption id="attachment_1915" align="alignright" w...
  4. ちいさいいのち

    2012.7.1

    出発は足下からなのに、ひとはすぐ頭で歩こうとする 平野修

    [caption id="attachment_2604" align="alignright" w...
  5. この荘厳、ご門徒さんが自らなさるのです。

    2011.2.22

    まわりぼとけさん

    [caption id="attachment_1519" align="align...