問い:同朋会運動・同朋の会って何?

真宗大谷派では、同朋会運動(どうぼうかいうんどう)というものに力を入れておられるようですが、「同朋の会(どうぼうのかい)」とは何ですか。

答え

座談会イラスト真宗大谷派では、昭和36年に宗祖親鸞聖人の700回御遠忌をお迎えしたことを勝縁として、翌昭和37年に「同朋会運動(どうぼうかいうんどう)」を発足し、宗門を挙げての運動として取り組んでまいりました。これは、今までの宗門の現状を顧みるならば、真宗門徒といっても名ばかりであって、親鸞聖人の真のご門徒といえる人は一人もいないのではないかという厳しい反省に立って、この御遠忌を勝縁として一人ひとりが襟を正して聖人の教えに聞いてゆかねばならない、そのことによって門徒が真実の信心に目覚めた真の門徒となり、お寺が聞法の道場としての真のお寺となっていこうという願いに立ち上がった純粋な信仰回復運動であります。

同朋(どうぼう)」とは、お念仏の信心に目覚める者は、みんな仏様のもとに「御同朋(おんどうぼう=友だち)」であり、「御同行(おんどうぎょう=歩みを同じくする者)」であるという意味であります。
親鸞聖人は、「親鸞は弟子一人(いちにん)も持たず候」と言われ、人を教化して救うのではなく、私たちを「御同朋」と呼んで慈しまれ、「御同行」として共に救われてゆく道を歩んで下さった方であります。
このような聖人の願いと呼びかけに応えて、私たち真宗門徒は今こそ聖人の御同朋、御同行になってゆかねばなりません。家は代々の真宗門徒であっても、親鸞聖人の教えを正しく知らないばかりか、聖人の教えとはかけ離れた誤った了解に止まっているのが私たちの現状であります。この様な宗門の現状の悲歎から、私たち一人ひとりが親鸞聖人の精神に帰ろうという歩みが始まったのが同朋会運動なのです。
この運動の具体化は、各お寺に親鸞聖人の教えを聞く場を持とうということであり、それが「同朋の会」であります。この会は、今までの法話会の様に一方的に講師の話を聞くだけでなく、聞いた話をもう一度参加者どうしが話し合い、自分の生活を通して確認し合う「座談会」が持たれます。参加者自身がお互いの疑問を出し合い、了解したことや体験を語り合うことを通して、共に学ぶ同朋の交わりを深めていくのです。講師や住職が話をされる場合でも、共に教えに聞くことが基本であります。
この様な会を重なることにより、世間での肩書きを一切はずして一個の人間として教えのもとに共に聞き語りあい、「生まれた意義と生きる喜び」を見つけようということが、「同朋の会」の願いであります。/end

大阪教区教化センター発行「教化センター通信」より・2010年09月翫湖堂所収

【追記】
現在眞廣寺では「問いと答えによる座談会」を展開しております。
この方法は一見従来の座談会と変わりが無いように見えますが、
確実に盛り上がることができる方法と思い、オススメいたします。
やり方は簡単。

1 「問いと答え」を両面に印刷し、配布します
2 あらかじめ裏面は勝手に読まないことを注意しておく(といいつつ、チラ見は大丈夫)
3 「問い」を読み上げて座談を開始します
4 時間が来て座談が終われば、皆で一緒に「答え」を読みます
たったこれだけなのです。なぜこれだけで盛り上がるのでしょうか。

実は少しだけ「ルール」があります。
それは普通の座談会と異なるユニークな点として「司会者と参加者双方に一定の縛り」を設けているのです。
これが盛り上がる秘訣かと思います。

【まず、司会者ですが…】
1 座談の進行はしてはいけません・誰かを当てて喋らせるなどもってのほかです
2 参加者の問いに安易に答えてはいけません・即答即決はケガのもと
3 話題が脱線したら戻さずすすんで脱線してください…お題はそっちのけでもいいのです

【次に、参加者は…】
1 今日は思いっきり喋ってください・話さないのは損ですよ
2 司会者に質問をしてもそうそう答えてくれません・今日はそういうルールなので
3 参加者の意見はよく聞きましょう・意見が違っても否定はしないように
4 最後にスマホ・携帯は禁止します。着信音を鳴らした人はあとで感話をしてもらいますからね(笑)
という縛りです。

この方法を、現在大阪教区教化委員会で採用くださり、
同朋の会推進サポートとして展開中です。
また、宗派サイト・浄土真宗ドットインフォでも紹介いただきました。

リンク先には大阪教区での取り組みを動画にしたものを掲載中です。
ぜひいちど、おためしください。

↑問いと答えに戻る

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 2010.11.13

    堺支院報恩講円成

    [caption id="attachment_761" align="alignright" wi...
  2. 写真は関係ありません

    2011.12.11

    「仏説は仏弟子によって証しされる」安田理深

    [caption id="attachment_2386" align="alignright" w...
  3. 2011年9月の言葉

    2011.9.11

    人の世の 小さきはからい 秋の風

    どうも書くたびに更新が遅くなるばかりでありますが、今月の掲示板、やっと更新しました。
  4. おもちをこねこね

    2010.12.30

    おもちつき

    お正月の本尊のお飾りは、内陣総掃除のあと、 全尊前に打敷をお掛けし、 立華(可...
  5. 2011年1月のことば

    2011.1.1

    待つ長さ 過ぎ去る速さ 生きる今

    新年あけましておめでとうございます。今月の言葉、更新いたしました。