問い:水子供養をしたいのですが

最近困ったことが次々と起こるので、見てもらったら、「水子の供養をせよ」と言われました。どうすればよろしいでしょうか。

答え

あるご住職のお話です。 ある時神さんに見てもらったら、水子供養のためにお寺へ行って三部経を読んでもらえと言われましたので」と来られました。「真宗では、そんな気休めのお経は読まんのです。共に目覚める方向へ歩ませてもらうよう教えを聞くことが大切なのです」と、一旦は断わったが、しかしこの人はまた他の寺へ行って気休めをしてすまされるだろうから、折角の仏縁をこちらから切って、本人を永遠の迷いの海へ流してしまうよりは、この縁を生かそうと思い直し、一巻のお経を丁寧に読みました。

終わってから、「読経中、何を考えながら参っておられましたか?今あの子が無事でいたなら12、3歳にもなっているのが可哀想なことをしたなぁか、あるいはこれで水子も浮かばれて、私の病気もなおるだろう、やれやれか、どちらです?」

「正直申し上げて、後のほうです。健康がすぐれないので見てもらったら、水子の供養をせよと言われたもので…」と告白されました。

水子のためと言われたが、本心は自分のため、我が病気のために水子をダシにしているにすぎませんよ。その時は自分の都合で水子にし、今はまた自分の都合で水子をダシに使おうとしている。というのが『水子供養』というものの姿ですよ。気まま勝手この上ない自己中心の営みをあなた自身が重ねるだけです。そしてその罪業は、お経で帳消しにはなりませんよ。お経はむしろ、罪の深さを教えてくださるご説法なのですから。

「そんなら、どうしたらよろしいか」

「煩悩の心で生きている私たちは皆、罪業の持ち主なのです。あなたばかりではありません。そして共にその罪をお経や念仏で帳消しにはできないのです。迷いの世界から覚りの世界に目覚めていかなければ、たとい罪の帳消しができたとしても、煩悩の心で後から後から限りなく罪を作りますから、部分的に罪を消したとしても、自分自身は助からないのです。私自身が罪の自覚の上に、仏の教えに救われなければなりません。また、私の力で死んだ人を救ったりもできないのです。本当に子どもを救いたいなら、自分が仏の教えに聞かねばなりません。そして自分が救われた時、初めて水子も救われるのです。それが仏教です。今日のことをご縁に仏法に近づいてください。そのことを仏様は念じていて下さるのです。
今日、門を入るときは『水子のために』と思ってこられたでしょうが、この話を本当にわかって下さるなら、門を出て帰られる時は『水子のお陰で』と受け取られるでしょう。そういうお導きを受けたという上から、水子もまた、仏様の化身であったと受け取られるのではないでしょうか。」とお話をしたことでした。

その後、この方は聞法会に出席してくださるようになりました。/end

大阪教区教化センター発行「教化センター通信」より・2010年06月翫湖堂所収

『水子供養』につきましては、以下のサイト内リンクもご参照ください。
法話と考察 「真宗の救いとは~受けて立つ~」

↑問いと答えに戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...
  2. 2014年4月の言葉

    2014.4.12

    生かさるる よろこびにおう 春の梅 〜中村久子〜

    [caption id="attachment_3308" align="align...
  3. 2016.8.8

    夏休み子どもの集い2016無事に終了しました。

    [caption id="attachment_4166" align="alignright" w...
  4. 2011.9.25

    秋季永代経のおしらせ

    [caption id="attachment_2268" align="alignright" w...
  5. 2013年7月の言葉

    2013.7.16

    お経は人生の地下水である

    [caption id="attachment_2995" align="alignright" w...