問い:お寺の伽藍の目的は何ですか

奈良や京都には立派なお寺があり、観光名所になっています。真宗のお寺とどう違うのですか。また、真宗のお寺は、どんな目的で建てられているのですか。

東本願寺御影堂大屋根

お寺がどうあるか、よりも私たちがお寺とどう関わるかということが重要です。

日本に仏教が伝来して、朝廷や豪族によって各地に寺院が建立されました。こうしたお寺は、国家鎮護を目的としたり、権力者が自身の繁栄を祈願したり、また自分たちの先祖の菩提を弔うための寺でした。現在の、奈良や京都をはじめとする各地の有名なお寺は、こうして作られ、維持されてきました。そして今日私たちは、こうしたお寺に、文化財として、あるいは観光資源として接しています。

これに対して真宗の寺院は、権力者によって造られたのではなく、その土地の人々がお念仏の教えを聞くための道場として建てたのです。蓮如上人は、民家よりはすこし棟を高くして、道場とわかるような建物がよいと言われています。

以前にも書きましたが、真廣寺は、織田信長によって焼き払われ、住職が殺害されるという乱世に翻弄された時期がありました。しかしやはり、この土地の先人たちが、お念仏の教えを聞く場を造ろうという願いと、後に生まれてくる者にもしっかりと教えを聞いてほしい、間違いのない人生を送ってほしいと願われ、再建されたのです。

東本願寺の大きな二つの御堂も、天明の大火(長浜のまわりぼとけさんに関わる焼失ですね)や幕末の禁門の変(蛤御門の変)で3度にわたり火災に遭い、焼失しました。そして現在の御堂は明治維新の混乱が終わりを告げる明治13年から実に15年の歳月をかけて竣工しました。横幅でいえば我が国最大の木造建築物といわれています。明治政府の廃仏毀釈の政策(国家神道を推進するための政策に、仏教寺院が全国的に破壊されるということがあったのです)が進められる中、お念仏に生きる者の力を示そうとされた、明治の念仏者のモニュメントであるわけです。

藤場俊基先生(金沢・常讃寺住職)はこう仰います。

「私が合掌してお念仏を申しておりますと、観光客風の人が気付いてくださる人がいます。そうしますと前を横切らないとか、話を止めるとか小声になるなど、気遣ってくださるのがわかるのです。
そこに百人観光客がいても、一人がお参りしていたら、その場所がその人一人のための場所、お参りしているその一人がその場の主役なのです。観光の人はみなその人に遠慮するわけです。見物の方は、お参りしているその人が帰命の心をもって礼拝しているか、あるいはその人は信心がはっきりしているかそういうことは思わないわけです。ただその姿に対して敬意を払ってくださる。
とにかくあそこ(東本願寺)ではお参りする人がその場の主役です。これはものすごい大きなことである気がするのです」

かくしんの会(新潟)発行『「これまで、今、そしてこれから〜同朋会運動五十年の歩みを機縁として〜』より引用

お寺が観光名所になってしまうか、念仏の道場としての礼拝の場になるか、どこで決まるかと言ったら、お参りする人がいるかいないかということなのです。
よく「ご院さん、お寺はもうあかんで。最近の若いもんは興味を持たん」という声を聞きます。もしかしたらそうかも知れませんね。そうなればお寺に住む者は出て行くしかありません。少なくとも、真宗(浄土真宗)においては、「お寺は住職のものではなく、そこに集う門徒さんのものである」からです。

手を合わす必要がない、とお参りの方から選ばれれば、お寺は目的を失い、存在価値を失ってゆくことでしょう。もしくは立地条件や宝物などから、いわゆる観光寺院として形だけが残ってゆくかも知れません。

それでも、念仏の教えは無くならないと思います。お寺があって念仏が生まれたのではなく、念仏があってお寺が生まれてきたからです。仮に不要とされて滅びることがあっても、また新たに違うかたちでお寺(念仏の道場)は生まれてくることでしょう。まさに諸行無常(ものごとはすべて移ろい変わるという仏教の基本精神のひとつ)です。

つまり、僧侶、門徒共に、今を生きる私たちの生きざまがお寺という建物から問われており、またそこでひとりひとりがどう関わるかで次の時代のお寺の目的やありかたは決まってゆくということです

おわり


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2014年9月のことば

    2014.9.17

    人と違った考えを持つことは 一向にかまわないさ でも その考えを 無理やり他の人に 押しつけてはいけないな 〜スナフキン〜

    ひさびさのブログ更新です。
  2. 2015年1月のことば

    2015.1.1

    道光明朗超絶せり〜親鸞聖人御和讃より〜

    新年あけましておめでとうございます。お寺の掲示板は年末から更新しておりました。
  3. 秋ですね

    2012.11.2

    ご無沙汰しております。

    大変ご無沙汰しております。
  4. 2012年11月のことば

    2012.11.11

    終末を見据えて

    やっとこさ、掲示板更新しました。10月分と、11月分も。
  5. 2010.11.21

    大和大谷別院報恩講円成

    [caption id="attachment_872" align="alignright" wi...