問い:人間、何のために生きているのでしょうか。

問い:人間、何のために生きているのでしょうか。

答え:

・・種田山頭火は次のように言っています。

死にたくないから生きたときもあった。

死なないから生きたときもあった。

生きたいから生きたときもあった。

しかし、生きずにはおれないから生きるときがあってもよいのではないか。

・・放浪の歌人、山頭火は常に死を眼前にして生を問い、生きている証を俳句に表して日々を送っていたのでしょう。その問いを通して「生きずにおれない」感動を見出していたと思われます。

・・大体私たちは、気がついたら人間に生まれていました。このことをするために人間に生まれたいという意志を持って生まれて来た人は一人もありません。人生を電車に譬えるなら、乗った駅も覚えなく、行き先もわからないまま、今、電車に乗っている。そして死という終着駅が必ず来る。しかもそれはいつ来るかもわからない。「欲望という名の電車に乗って、次はー終点、墓場でございまーす」と言った人がありますが、このようなアナウンスがお互いにそろそろ聞こえてくるのではないでしょうか。

・・
平生何とも思わず生きていても、死によって「この世の終わり」を見るとき、足もとから「人間、何のために生きているのか?」を問われてまいります。

・・
仕事をするために生きていると言う人もある。また、家庭を守り、子どもを育てるために生きていると言う人もありましょう。また「世のため、人のため」に生きていると言う人もあります。いや、人生は享楽を求めるためだと言う人もあります。

・・
しかし、仕事も定年や退職と言うことがあり、その後も人生は続きます。余生は趣味や旅行、スポーツ、教養のために生きると言っても、どこか暇つぶしの感が拭えません。

・・
子どもを育てるのが生き甲斐と言っても、子どもはやがて独立して、手もとから離れてゆきます。享楽追求の生き方には、常に空しさが伴い、また健康を害する恐れがあります。

・・
ある女子高校生が正親含英先生に尋ねたそうです。「私はなぜ人間に生まれたのですか。なぜ女として生きていかなくてはならないのですか」と。そのとき先生は即答されたそうです。
・・ほんとうによい問いを持たれましたね。どうぞその問いを大切にして、一生涯持ち続けてください。必ず素晴らしい人生が開かれてきますよ」

・・
私たちもこの問いを大切にしたいものです。そのことによって、問いの方から大切な応答が聞こえてくるのではないかと思います

大阪教区教化センター発行「教化センター通信」より・2013年2月翫湖堂所収

↑問いと答えに戻る


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2016年2月のことば

    2016.3.22

    めでたさも 中くらいなり おらが春 2016/3月の掲示板

    [caption id="attachment_4084" align="alignleft" wi...
  2. 大通寺山門の絵

    2011.7.25

    趣味

    [caption id="attachment_2140" align="alignright" w...
  3. 2013年7月の言葉

    2013.7.16

    お経は人生の地下水である

    [caption id="attachment_2995" align="alignright" w...
  4. 2014.6.30

    おわび

    当サイトのドメイン更新について手違いがありました。
  5. 2011.5.20

    臘扇忌法要

    [caption id="attachment_2054" align="alignright" w...