ブログ記事

おもちつき

おもちをこねこね

お正月の本尊のお飾りは、
内陣総掃除のあと、

  1. 全尊前に打敷をお掛けし、
  2. 立華(可能であれば若松の真、梅の見越、若柳の副、水仙の正真、南天の胴(千両で代用することも)、熊笹の根じめ…これで松竹梅になるんです))
  3. 御鏡=お餅のことです。

を、荘厳いたします。


さて、本日はこの御鏡のための「おもちつき」を家族総出でやりました。
(…が、私は前日の住職会に住職代理で出席し、実はかなりグロッキー。
後半からの参加となり、やや冷たい視線を感じながらのスタートです。)

 

おくどさん

おくどさん。大きい右側は報恩講用です。

最初に「おくどさん」で湯を沸かします。

/

「おくどさん」とか「へっついさん」とかいいますが、おくどさんは、竈突(くど)が語源となります。へっついさんは竈(へつい)が語源です。いずれも「かまど」のことです。

その上に、せいろ(蒸籠…こんな字書くんですね)を積み上げ、(中に蒸し布を敷き、洗米したもち米を入れます)もち米を蒸しあげます。

 

もちつき機

もちつき機と、うーちゃん。作業場なので散らかってるのはご愛嬌。

蒸し終わったらもちつき機に落とします(熱いんだこれが)。

…昔は杵でついてたんですがねぇ、最近は人手もないので機械です。



 

おもちをこねこね

おもちをこねこね…熱いんですわ

さてさて…もちが出来たら、出来るだけ同じ大きさにちぎって、丸めます。ここに人手が最も必要です。

スピード命です。放置するとすぐに硬くなってしまいますので。

まあ、結構適当にしていますw。

昔はもちの厚みを均等に整えるための台を使ってたんですけどね。

 

できたおもちは仏間に安置

できたおもちは仏間に安置

出来上がったら仏間に安置し、しっかりと固まるのをまちます。




 

うーちゃんもちょっとだけ手伝いました。

うーちゃんもちょっとだけ手伝いました。が、食べた量は一番!?。

【おまけ】頑張ったみんなでお相伴いたします。
できたてのおもちはおいしいので、ついおかわりしてしまいます。

お供えするのはいよいよ明日。大晦日です。

関連記事

コメントは利用できません。

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 2011年9月の言葉

    2011.9.11

    人の世の 小さきはからい 秋の風

    どうも書くたびに更新が遅くなるばかりでありますが、今月の掲示板、やっと更新しました。
  2. 2011年03月のことば

    2011.3.1

    合掌の姿は尊く 念仏の声は美し

    [caption id="attachment_4153" align="alignright" w...
  3. 真廣寺永代経2011

    2011.10.2

    秋季永代経終わりました

    [caption id="attachment_2290" align="alignright" w...
  4. 写真は関係ありません

    2011.12.11

    「仏説は仏弟子によって証しされる」安田理深

    [caption id="attachment_2386" align="alignright" w...
  5. 2010.11.10

    宗祖真筆断簡公開中

    [caption id="attachment_700" align="alignright" wi...