ブログ記事

こどもの食べ物を守る活動にご協力ください

こどものたべもの基金ちらし
こどものたべもの基金ちらし

こどものたべもの基金ちらしです。最新版は本文中リンク先、畠山さんのお寺のページからダウンロードできます。ぜひ広めてください。

私の尊敬する皆さんがご尽力されているので、
遅ればせながら私も協力したい!と、
呼びかけ人に参加させてもらいます。

名付けて

「こどものたべもの基金」です。

福島の子どもたちのために、市民放射能測定所をつくる会です。
→※事務局をつとめられる畠山さんのサイトはこちらです。
※中日新聞サイトでも紹介されました(畠山さんが映ってますw)。

この震災以降、
いろいろ周辺で原発反対・脱原発が叫ばれるようになりました。

私も原発の「安全へのウソ」や、
「存続へのやらせ」が見えた今、
原発の存在については強い疑問を抱いています。
だからそういう活動を否定するわけではありません。

しかしどうでしょう。

そんな私はそれまで何の疑問もなく、
原発の電気を使い続けて来たのです。
これは事実です。今もおそらくそうです。

これは原発が安全だというあの「ウソ」に
荷担していたも同然ではないでしょうか。

「そのときは知らんかったんや」そういう人もあります。
これはしかし、
過去の自分の行動を、
ご破算にしようとしているようにも思えます。
私自身は、自分の過去を無いものにはできないなという、
矛盾を抱えて悩んでいました。
この間もそんな話をして思いっきり相手に怒られました。

でも、
納得できないうちは私は立ち上がれない。
私は事実、電気の内実に関して無関心だった。
これは今となっては罪です。
過去の私の罪は、今の私の罪です。

辛気くさいこと言いやがってと言われても、
答えが出ないのです。どうしても。
もちろんこうしているウチにも、原発への危機感は募ります。

仏法は過去を救うのです。過去なくして現在も未来もない。
ならば、その自らの過去もちゃんと見つめるべきでしょう。
どんなに嫌でも。

だからどうしても急に「原発反対!」とは
声高に叫べなかったのです。
疑問を抱えながら、今はただ、
わずかながらに学ぶしかなかったのです。
それがこの問題に無関心であった私なりの償いでした。

ところがそんな中、わたしにとって、
「これなら協力したい」という活動に出遇えました。
それがこの「こどもたべもの基金」です。

原発の現状は疑問です。
でもすぐに反対する自信が私にはない。
行動に繋がる気持ちも整理できない。
過去の自分も自分である以上は。

でもこの基金は、はっきりしています。
「今」を大切にしているのです。
子どもから放射線を可能な限り隔離しようというのです。
これは本来、国の仕事です。はっきりいって。
でも国は頼りになりません。

しかし「今」、何かしなければ。
特に子どもたちの「今」を守らないと。
そのためには、行政が行き届かない所に、
市民による放射能測定所を設置するのだと。

これは「今」できることです。
そして、いつかまた無反省な事故が起きても、
きっとその地域のこども救済に役立つことでしょう。
問題が先送りされている以上、
日本全国でこういう被害が起きてもおかしくないのですから。

大人の論議で膠着している原発よりも、

こどもたちの未来に 「今」できることを、
出来る範囲で結構ですから、一緒にしませんか。

今月の翫湖堂(ちょっと遅れてますね、すみません)には、
このちらしを挟ませていただきます。
真廣寺に振り込み用紙も置いておきます。チラシもあります。
被災地への募金も大切ですが、
これはさらに「目的のはっきりした」募金です。
お願いします。ご協力ください。

関連記事

コメントは利用できません。

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 平松市長とブットンくん

    2010.10.9

    ブットンくん奮闘中

    (過去サイトからの転載です。
  2. 大きな声でお勤めしました

    2013.11.29

    本日より3日間、真廣寺報恩講(2013)です。

    今年も報恩講の季節がやってきました。
  3. 2014年9月のことば

    2014.9.17

    人と違った考えを持つことは 一向にかまわないさ でも その考えを 無理やり他の人に 押しつけてはいけないな 〜スナフキン〜

    ひさびさのブログ更新です。
  4. 2010.11.2

    突然ですが・・・サイト移転します。

    長年お世話になりましたXOOPSを離れ、Wordpressを導入することにいたしました。
  5. 2011.5.20

    臘扇忌法要

    [caption id="attachment_2054" align="alignright" w...