ブログ記事

きこまいか

宗祖親鸞聖人
宗祖親鸞聖人

お念仏を頂く姿勢に根ざした言葉も多いんですよ。

滋賀県の湖北地方は
昔から京都と直通で湖上交易がなされていた関係で
京言葉?のようなコトバが伝わっています。

米原では使いませんが、長浜でよく使われるのが「きゃんす」という言葉。
使い方は「○○さん、今日きゃんす?」(○○さん、今日はこちらに来られますか?)とか「○○さんもうすぐきゃんす」(○○さんならもうすぐ来られますよ)といった具合です。

今の京言葉でいうと「来はる」とか「来やす」、「〜はんがおいでどす」という具合でしょうか。
あんまり言語学とか得意じゃないんですが、「来る」+「やす」がついたと思われます。

それが派生して、「○○さん、今日きゃんす?」と聞かれ、
来る場合は「きゃんす」もしくは「こんす(来る)」。
来ない場合は「きゃんせん」もしくは「こんせん」。

また、何かをしている様子を「○○さん、ご飯食べてやんす(している)」とかいいます。

京言葉とは違いますが、独特のはんなり感があります。
地元言葉としても好きです。

さらにこんな言葉もあります「○○しよまい」。または「○○しよまいか」。
これはたとえば「やろまい(やろまいか)」とか「いこまい(いこまいか)」とかいうかたちで使います。
やろう+まいか、行こう+まいかという形が原型ですね。たぶん。
一緒にやろうぜ、とか気楽にいこうぜ、とかいろんなニュアンスが含まれますが、 言い回しも含めてただ単純にやろう、とか、行こう、というよりも柔らかい暖かみがある言葉です。

さて、今日の本題はここから。
この○○しよまい、から始まった会が、このたび、発足しました。

弟、宮尾(長源寺住職)が発起人となり現在約20名の教区内若手で、
「もっと気楽に法話を聞こうじゃないか」という願いと意味を込めて、

その名も「きこまいか」=kicomaica と名付けました。

 

現在『準備中』ですのでまだ進捗はありませんが、
ともかくウェブサイト開設【kicomaica.com きこまいか・どっとこむ 】と、
TwitterのIDを取得しました(@kicomaica)。

よかったらページでも覗いてやって下さい。オススメします。
気楽なページですから、気楽な書き込みも大歓迎だそうです。

「気楽に法話を聞く」ということは、
講師の先生をお招きして、聞くもよし、寝るもよし、終わってから呑むもよし。
さらに、聞くだけじゃなくて、普段感じること、思うことを遠慮なくぶつけながら、
特定のメンバーが集まるだけじゃなくて、誰でも歓迎。いつでもどうぞ。
そういう願いです。

私もスタートメンバーの一部に入れてもらいました。こりゃ楽しみです。

講師先生は現在交渉中だということですが、おそらく近々決定することでしょう。

2012年春、kicomaica(きこまいか)、始動します。 

関連記事

コメントは利用できません。

2017年6月のことば

2017年6月のことば

にぎって、
はなして、
向こうから〜訓覇信雄〜

ランダムピックアップ

  1. 2011.9.25

    秋季永代経のおしらせ

    [caption id="attachment_2268" align="alignright" w...
  2. 2014年3月の言葉

    2014.3.15

    人生とは その日 その日のこと〜金子大榮〜

    [caption id="attachment_3281" align="align...
  3. 2011年10月のことば

    2011.10.1

    仏法は鉄砲の反対である 高光大船

    [caption id="attachment_2279" align="alignright" w...
  4. 2013年1月の言葉

    2013.1.5

    往こう 往こう ひたすらに 往こう 〜高光大船〜

    [caption id="attachment_2774" align="alignright" w...
  5. 2011年03月のことば

    2011.3.1

    合掌の姿は尊く 念仏の声は美し

    [caption id="attachment_4153" align="alignright" w...