ブログ記事

真宗合同布教大会2

真宗合同布教大会・当日の様子
真宗合同布教大会・当日の様子

真宗合同布教大会

先日の更新につづいて珍しく短期間の更新ですよ(笑)。

先日お伝えしました「真宗合同布教大会」

お伝えしきれなかった、「大切なこと」があります。ちょこっと最後に書きましたが…。

 

それは「宗派の壁を超えて」ということです。

 

この会の運営については、
純粋に法話を聴聞する会である、というだけでは収まれず、外部からのさまざまな干渉も受けたそうです。
そのことを今はとやかく申しません。
ただ一つ非常に印象に残ったのが、座談の最中に有る方から、

 

「わたしたち(僧侶)は、やれお西だ、やれお東だと線引きをするけれど、
ご門徒さんからすればどなたも『お寺さん』なんです」

 

という一言を頂いたことでした。
このときふと、わたしは仏法の門戸を閉ざしてはこなかったか。と感じたのです。

真宗には、いや真宗に限らず仏教にはいくつもの「宗」「派」があります。
それはそれぞれ、長い歴史の中で生まれてきたことです。
ただ単にケンカ別れしたとかそういう単純な問題ではありません。
歴史だけではなく、時代時代の、たとえば交通事情や土地の事情なども絡み、
現代人が現代人の感覚で総括できるものでもありません。

 

そして、どれもが仏教であります。

真宗に限ってみても、各「派」一致する一点があります。

それは、宗祖親鸞聖人の教えをいただいておられるということ。

派ごとの細かな違いは、一見するところではほとんどわかりません。
またそれを知らないと、真宗の教えが聴聞できないわけではありません。
つまり知らなくてもいいといえばそうなのです。

 

何事もそうですが、物事は知れば知るほど、その細かな違いが気になります。

 

たとえが悪いかも知れませんが、クラシック音楽ひとつをとってみても、
指揮者によっての表現方法や、楽団による音色の特徴、録音技師のこだわり、
そういうところに楽しみを見出すことも醍醐味でありましょう。

でも、ひとことで言えばすべて「音楽」なのです。

知らない人からすれば指揮者の違いなど細かなところはあまりわかりません。
でも「感動・共感」はできるのです。

 

仏教だってそうです。
各派各宗の違いは、沢山聴聞されれば違いもわかるでしょう。
でもそれが沢山いろいろ聴聞されてからのこと。

 

発信側たるべきお寺が、そのような細かな差異を気にするあまり、
本当に仏法を求めている方々に目を閉ざし、門戸を閉ざしたりはしてこなかったでしょうか。

今回の座談を通して
細かな差異が目に付く側からすれば見落とされがちな、
「どなたもお寺さん」という大きなひとくくりを指摘頂いたように感じたのです。
これは大きな地平です。ありがたいことです。

 

真宗に限定しても、各派の内情などいろいろな問題があるでしょう。
しかしそれは最も大切な「ともに念仏する」ことを越えるほど重要なことでしょうか。
この一点が抜ければ、場合によっては全ての現状の問題は意味すら失うのではないでしょうか。

 

そんな敷居に(座談中にはカテゴライズという言葉も出ました)、
しがみつき衰退してゆく教団の姿が見えたような気がします。
自分の姿勢を含めて。

 

もちろん細かな違いは確かに存在します。実際のところ無視できませんし、
無知であるならば学ぶ必要もあります。歴史の埃にしてしまってはいけません。
しかしながら、これからの時代、その「違い」をも共にいただきつつ、
本当に大切なものを見失わないようにしないといけないのではないでしょうか。
そんなことを、考えさせられました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 2011.5.20

    臘扇忌法要

    [caption id="attachment_2054" align="alignright" w...
  2. 先端を折り曲げて丸く処理します(白く見えるのは綿棒)

    2011.3.3

    iPad(iPhone)ペンを自作しよう!

    iPad2、発表になりましたね。スペック的には微妙です…様子見かな…。
  3. 2013年7月の言葉

    2013.7.16

    お経は人生の地下水である

    [caption id="attachment_2995" align="alignright" w...
  4. 結願日中のようす

    2012.12.3

    報恩講円成いたしました

    [caption id="attachment_2724" align="alignright" w...
  5. btkun

    2010.11.10

    ブットンくんと出張

    [caption id="attachment_623" align="alignright" wi...