ブログ記事

これでいいのだ 〜バカボンのパパ〜

2014年1月の言葉
修正会の準備整いました

修正会の準備整いました

新年あけましておめでとうございます。
2014年が幕を明けました。

個人的には20年ぶりといって良いほど、久しぶりに大晦日〜元旦を家で過ごします。それまでは毎年難波別院の除夜の鐘〜修正会に出仕しておりましたもので。


昨年は4月に大阪で御遠忌を迎え、
5月に職場が変わり、業務内容も変わり、戸惑いと、刺激と、出遇いの後半戦を、まさに駆け抜けた感があります。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、そんな今年一番の言葉は…
「これでいいのだ」…バカボンのパパです。(バカボンの意味についてはこちらをクリック→サイト内別ページに飛びます。

掲示板。ここ何回か、味わいを併載するようにしています。翫湖堂(寺報)にあるものと同じです。

バカボンとは、「薄伽梵」という仏教用語に由来します。サンスクリット語のbhagavatという言葉が語源。詳しくは、味わいをお読み下さい(クリックで表示)。


あれ?「それでいいのだ」だったっけ?

と一瞬、迷いましたが、それこそ、
「 こ れ で い い の だ 」
でした(笑)


とはいえ、世間はそれでいいのかと言えることばかり。これでいいのだ、なんて微塵も思えない私たちですが、では、

これでよくない、なんて何処で言えるのでしょう。

これでいい、と決めることも誰ができるのでしょう。


「人間を教化できるのは釈尊だけだ」と、
年末にある先生から教わりました。
本当にそのとおりだなと思います。
とすると、世間で起きている問題は、
どれひとつとして、人間の思いどおりに行かない相なんですね。
賛成も、反対も。

あいつはだめだ、こいつは嫌いだ、とどんなに頑張ろうと、
人間は人間を裁けないし、
人間は人間を教化できません。

前述の先生は「現在、私を含めて世間の人々は今、何を大事にしているでしょうかね」と、
問いかけられました。そして、
「実は仏法でもなんでもないんですよ。『人間の知性』ではありませんか。」
と押さえられました。

平素の私たちはどうでしょう。
知性第一です。理解できるものが全てです。
納得できなければ、それは「自分の世界の外の話」です。


だから…わからない教えは聞きたくない。
わかりやすい教えが素晴らしいと思う…仏法なんか耳に入らないんです。

2014年1月の言葉

2014年1月の言葉

少し難しい言い方をすれば、
仏法は、常に人間知性を批判し、知性ではとどかない世界を教えてくれています。
いわば、自分の期待や理解、納得の延長線上ではない、ということでしょう。
新聞によくある「これを読んだら仏教がわかった」なんて、失礼ながら、
とことん、薄っぺら、浅はかなもんだということです。
その程度でわかったとしているだけだということです。

では、我々にできることはなんと、「お手上げ」です。
考えること、判断すること全てが稚拙だと仏法はいうのですから。
それをずうっと超えた、長い時間と広い世界から、歎異され続けています。
「これでいいのだ」と。やっぱりバカボンのパパは正しかった。
知性を飛び越えているのです。正しくお手上げ状態なのです。

そんなお手上げの私たちに「南無阿弥陀仏」があるのだと仰います。

知性という分かりやすい闇に溺れて言葉遊びに生きる人類。
今年も頭で考えたがり、納得したがる我が姿と、
この身を抱えて、聴聞いたしたいと思います。

重ねて宜しくお願いいたします。

南無阿弥陀仏。

 

関連記事

コメントは利用できません。

2017年4月のことば

2017年4月のことば

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
〜吉野 弘〜

ランダムピックアップ

  1. 2014年9月のことば

    2014.9.17

    人と違った考えを持つことは 一向にかまわないさ でも その考えを 無理やり他の人に 押しつけてはいけないな 〜スナフキン〜

    ひさびさのブログ更新です。
  2. 2012年5月の言葉

    2012.5.12

    子は親のいうようにはしないが 親のするようになる

    2012年5月の言葉、実は先週、更新しました。ブログの更新がえらくおくれちゃいました(汗。
  3. 2011.2.12

    聞くとは 我をたてぬことである

    [caption id="attachment_1362" align="align...
  4. 2011/07/31北陸中日新聞より

    2011.8.22

    こどもの食べ物を守る活動(続報)

    当寺ウェブサイトでも呼びかけさせていただいておりました、 「こどものたべものを守る基金」でしたが、...
  5. 紫寳山扁額

    2011.5.5

    毛筆

    [caption id="attachment_2013" align="alignright" w...