ブログ記事

人生とは その日 その日のこと〜金子大榮〜

2014年3月の言葉

 

自分史上最高発熱

自分史上最高発熱…元から平熱が低いので辛かった…。

掲示板更新しました。

インフルエンザで倒れちゃいまして、
掲示板も寺報も何もかもが遅れてしまいました。
ええ、言い訳なんですけど(笑)、
まあちょっとおつきあいくださいな。


朝起きたら、自分でもビックリする程の倦怠感。
歩こうとしたら、関節が痛くて歩けません。
…しかし、前日たまたま職場がある大阪で宿泊したものだから、寝ているわけにもいかず、本当に這うようにして出勤しました。異様だったろうなぁ、御堂筋線(笑)。


それでもあまりにしんどくて、
職場の机にも座っていられないほどなので、
朝礼も出ず、すぐにお医者さんに行きました。


結果…「A型インフルエンザですね」

ありゃー、幾つぶりだろう。
すぐに休みをとって、帰宅し、寝ました。
今度は激しい頭痛と寒気です。
寝なきゃいけないのに寝てられない痛み。
目を覚ますと5分ぐらいしか経ってなくて、
熱を測ればその都度上昇していきます。

インフルエンザという刷り込みもあったのか、
どんどんやる気が失せてゆくのですね。
食べることも、寝ることもできない。
起きることもできない。目も開けてられない、
熱はぜんぜん下がらない…。悶絶…そんななか、

もう、どうでもいいや。

と、思ったのを覚えています。
翌日には熱も下がり、復帰に向けて気持ちも落ち着くのですが、
「あの心境はなんだったんだろう…」
と寝ながら考えてました。

風邪であんなにまで、絶望的な気持ちにはならないなぁ。
不思議な脱力感でした。
しんどい状況がピークになると、
健康な時には思いもしないような気持ちが湧いてきます。

思えば、人間なんてそんなものなんです。
健康な時にはそういう自分が想像もできない。
でもひとたび病を得れば、
肉体的な病だけじゃすまなくて、精神状態までもが浸食される。

ということは、今ある自分は、明日同じ自分である保障はどこにもないんです。
「いーや、俺は精神がしっかりしてるから大丈夫」
なんて思っている人ほど実はアブナイ(笑)。

四苦八苦という言葉があります。
四苦とは生・老・病・死。
残りの苦は、
愛別離苦 好きな人と別れなければならない苦しみ
怨憎会苦 嫌な奴と会わないといけない苦しみ
求不得苦 求めても得られない苦しみ
五蘊盛苦 自らの肉体が思いどおりにならない苦しみ
と解釈されていますが、

最後の五蘊盛苦…これ、不思議です。
五蘊とは人間の色・受・想・行・識というはたらき云々…と解説になりますのでやめますが、
字面から解釈すれば、
要するに「この身が盛んである」ということが、「苦しみなんだよ」と説くのです。

つまり「健康である」ということも苦しみなのだ、
と考えても良いのかも知れません。
元気なのに苦しみってのも…ねぇ。

まあつまり、
それはどういう苦しみかといいますと

…健康だと、仏教聞かないんですよ。

そういう苦しみです。
だって元気だと、必要ありませんものね。

でもね、そうしているうちにも時間は過ぎます。
自ら移ろい変わり、老いて(老いなくても)やがて病気になる。
極端な例なら「死ぬ」かもしれないのです。

実は、その時になってからではもう遅いんですが…
順調に生きているから、仏法を求めようとも思わない「苦しみ」。
一度、これは考えてみる必要があるかもしれません。
誰が悪いわけでもなく、
誰が邪魔しているわけでもない。
「自分が必要としていない」という問題。

つまりこれって、毎日健康でありながら、
人生の本質とか、人間とは何かとか、全部先送りにして生きていると言うことです。
人生が行き詰まってからじゃ、時すでに遅いのに。
その日、その日が大切にできていないんです。
それはまさに苦しみなんですよ、しかも気づかない苦しみ。

私の親しい友人だって、仏法を必要としてない人いっぱいいます。
もっとひどいのは仏法はお祈りするモンだとか、
仏法は年いってから聞くモンだとか、
そういう幼稚な宗教理解で終わってる人、たくさんいます(失礼)。

仏教は人生哲学ですから。
早く「いま」聞かないと。
年寄ってもまあ、それなりに聞けるでしょうけど…
今の価値観じゃぁわけわかんないと思います。
いつ聞くんですか…(やめとこ。もう去年のネタだし)

自ら病を得て、そう思い出しました。
みなさんも、ご自愛ください。
…というか、風邪ひいてみて、健康と自分を振り返るのもたまにはいいかも。


関連記事

コメントは利用できません。

2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2011年8月の言葉

    2011.8.12

    ほんとうのちからは 力みをぬくちからである

    [caption id="attachment_2180" align="alignright" w...
  2. 2014年4月の言葉

    2014.4.12

    生かさるる よろこびにおう 春の梅 〜中村久子〜

    [caption id="attachment_3308" align="align...
  3. 真宗の眼目、やっと買えました。読むのはこれから。

    2012.6.23

    聞法のご縁

    [caption id="attachment_2585" align="alignright" w...
  4. 2011.5.19

    まつり

    [caption id="attachment_2046" align="alignright" w...
  5. 6月の言葉

    2013.6.13

    耳にもちゃんと好き嫌いがあって いつもほめことばばかりをききたがる「変なわたし」〜平野修〜

    [caption id="attachment_2982" align="align...