ブログ記事

長源寺報恩講円成

御伝鈔拝読のようす

副住職の弟であります、宮尾が住職をしております、長源寺報恩講が無事円成しました。
お寺同士の「参り合い」がないので、いつも身内で勤めますから、
舞台裏(庫裏)はいつもアットホームな雰囲気です。

本堂もアットホームです。ご門徒の参詣はいつも満堂で、
お勤めにもほぼフルボリュームでついてこられますから、なかなかこちらも気が抜けませんw。

また長源寺は毎年講師が変わります。
これがなかなか楽しみなんですが、
今年は大阪・生野区の「高橋法信(たかはしほうしん)先生」がお越し下さいました。
私も大阪で先生とは面識もあり、お話も何度かお伺いしたことがありますが、
滋賀でお会いするのは初めてで、とても身近に拝聴できました。

夜は先生と座談になり、夜更けまで語りあかしました。
これも報恩講の楽しみのひとつかと思います。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. 高橋先生からいただいた言葉です。

    「聞くことの難しさと大切さ・・・
    人間の愚かさは何事に対しても答えを持っているということです」

    「人間は いったい 何を求めて 生きているんやろ」

    とても心に残っています。

コメントは利用できません。

2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. なつのそら

    2012.8.10

    こころみに 息を吸って 空をみあげよ

    [caption id="attachment_2631" align="alignright" w...
  2. 2012年4月の言葉

    2012.4.9

    地獄一定と思うてみれば 地獄極楽 用事なし 森ひな

    今月の掲示板と言葉、更新しました。森ひなさんは石川県小松市におられたおばあさんです。
  3. 私の机の本コーナー

    2011.1.19

    積読

    「積読(つんどく・積ん読)」って、一応洒落ながらも、辞書に載ってるちゃんとした言...
  4. 2010.11.13

    真廣寺報恩講のお知らせ

    [caption id="attachment_234" align="alignright" wi...
  5. 2011年8月の言葉

    2011.8.12

    ほんとうのちからは 力みをぬくちからである

    [caption id="attachment_2180" align="alignright" w...