ブログ記事

宗祖真筆断簡公開中

大谷大学(母校です。悪い生徒でした)

先般、新聞でも紹介されていましたが、
宗祖の真筆による断簡が発見されたそうですね。

件の断簡が、現在京都・大谷大学(母校です)で公開中です。
2010年度特別展「親鸞-その人と生涯-」

 

本山の御正忌に併せて、11月28日までの公開だそうです。
うーむ、行きたい。でも無理かなぁ。

聞いた話ですが、宗祖の書簡は断片化して相当数が全国にあるとのことです。
お弟子さんが形見として持って行ったのでしょうか。
宗祖の著作は非常に多いですから、当然、草稿も相当な分量があったことでしょう。
その一部が皆さんの蔵の中にあっても不思議ではありませんよ、ということですね。

一見の価値はあると思います。
以前、茨木県の親鸞展で宗祖の直筆を拝見したときは、
不思議と何かを感じて、そして確かに感動しましたから。


関連記事

コメントは利用できません。

2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2010.11.10

    宗祖真筆断簡公開中

    [caption id="attachment_700" align="alignright" wi...
  2. 私の机の本コーナー

    2011.1.19

    積読

    「積読(つんどく・積ん読)」って、一応洒落ながらも、辞書に載ってるちゃんとした言...
  3. 紫寳山扁額

    2011.5.5

    毛筆

    [caption id="attachment_2013" align="alignright" w...
  4. アップデート通知

    2011.2.17

    アップデートに気をつけて!

    「量の増加は質の低下」という言葉がありまして…。
  5. ことしもきれいに御荘厳いただきました

    2012.11.30

    ことしも、報恩講です。

    [caption id="attachment_2713" align="alignright" w...