お寺よりお知らせ

12/2〜眞廣寺報恩講2016・今年も勤修いたします

  • 2016.11.9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
報恩講時の眞廣寺内陣

報恩講のお荘厳

今年も眞廣寺報恩講を勤修いたします。
真宗門徒の一年の計はお盆でもお彼岸でもなく、この報恩講に始まり、報恩講に終わると言われます。

宗祖親鸞聖人のご恩に報いる、と解釈されがちですが、むしろいただいたご恩が何であるかすらわからないのが私たちです。〝恩〟=因の心に自らの身をもってたずね、そのことを「あたりまえ」として漫然と生きてきた身を〝報される〟ばかりであるのがまさに報恩講ではありませんか。

どうぞお詣りください。
そしてお念仏することでともに聚(なかま)となって聞法し、仏法に我が身をたずねましょう。

期日 2016年12月2日(金)午後〜12月4日(日)午前
場所 眞廣寺本堂(滋賀県米原市上多良309番地)
法話 12月2日 竹中慈祥(当院副住職)
   12月3日・4日
         安城正人先生(大阪市・恩敬寺住職)

☆詳細日程☆

子ども報恩講のようす

子ども報恩講のようす

【12月2日(金)】
午後2時より初逮夜
正信偈 真四句目下
念仏讃 淘五
御和讃 弥陀成仏ノコノカタハ 次第六首
廻 向 我説彼尊功徳事
御 文 大坂建立(4帖目15通)
法 話 竹中慈祥(当院副住職)(1席)

午後7時より子ども報恩講
ちかいのことば
うた「真宗々歌」
正信偈・草四句目下・同朋奉讃式(弥陀成仏ノコノカタハ)
レクリエーション
うた「恩徳讃」

皆で勤行いたします。

皆で勤行いたします。

【12月3日(土)】
午前9時より兼日中
正信偈 真四句目下
念仏讃 淘五
御和讃 専修ノヒトヲホムルニハ 次第六首
廻 向 願以此功徳
御 文 毎年不欠(3帖目11通)
法 話 安城正人先生(2席)

午後2時より結願逮夜(組内御住職方御参勤)
正信偈 真四句目下
念仏讃 淘五
御和讃 五十六億七千萬 次第六首
廻 向 我説彼尊功徳事
御俗姓御文拝読
法 話 安城正人先生(1席)

御伝鈔拝読のようす

御伝鈔拝読のようす

法話終了後、御傳鈔(親鸞聖人伝絵)拝読
正信偈 草四句目下・同朋奉讃式(南無阿弥陀仏ヲトナフレバ)
拝読者 宮尾 卓氏(長源寺住職)
プチ法話 竹中慈祥(当院副住職)
※本年は「下の末」です。親鸞聖人最晩年のご様子をいただきます。

【12月4日(日)】
午前9時より結願日中(組内御住職方御参勤)
正信偈 真四句目下
念仏讃 淘五
御和讃 弥陀大悲ノ誓願ヲ 次第六首
廻 向 願以此功徳
御 文 鸞聖人(3帖目9通)
法 話 安城正人先生(2席)

御講の御膳

御講の御膳・しんこうじ名物かぶら汁です。温まりますよ。

正午 御講
午後 門徒総会
夕刻 年番板流し


2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. おもちをこねこね

    2010.12.30

    おもちつき

    お正月の本尊のお飾りは、内陣総掃除のあと、 全尊前に打敷をお掛けし、 立華(可...
  2. 2013年1月の言葉

    2013.1.5

    往こう 往こう ひたすらに 往こう 〜高光大船〜

    [caption id="attachment_2774" align="alignright" w...
  3. 2014年9月のことば

    2014.9.17

    人と違った考えを持つことは 一向にかまわないさ でも その考えを 無理やり他の人に 押しつけてはいけないな 〜スナフキン〜

    ひさびさのブログ更新です。
  4. 2010.11.11

    大阪教区13組出張報告

    [caption id="attachment_707" align="alignright" wi...
  5. 2010.11.26

    御正忌報恩講参詣

    [caption id="attachment_1014" align="alignright" w...