和讃に聞く第2回・弥陀成仏のこのかたは
難波別院本堂欄間の天女

難波別院本堂欄間の天女(一部)

今回は、浄土和讃の1です。

  弥陀成仏のこのかたは
    今に十劫を経たまえり
    法身の光輪きわもなく
    世の盲冥を照らすなり

すべて日本語なんですけど、どうもわかりづらいですね。

弥陀成仏」とはどういうことでしょう。それは阿弥陀様が仏に成られたということです。

では、仏になる前は誰だったというのでしょう…それは菩薩です。菩薩とは世の人々を救うため、今は仏と成らずに私たちを待ち続けてくださっている方です。特に阿弥陀様は「法蔵菩薩」という名でいらっしゃいました。五劫という長い間、修行して(五劫思惟といいます)、人々を救う法にめざめ、仏と成られました。この和讃ではその後もさらに十劫の長きに亘って、私たちを待ち続けてくださるというのです。

ではその「」とはどんな時間の単位でしょう。『大智度論』という書物には「1辺が40里(現代の距離で約20㎞)の大岩がすり減ってなくなるまでの時間だ」というたとえ話があります。そのすり減り方も「3年に1度、天女が舞い降り、薄い羽衣の裾でふわっとなぜる。この繰り返しで、その大岩がすり減って完全になくなるまで」というのです。まじめにこれを計算すると、1劫は43億年とも、またはそれ以上とも言われます。つまり、人間の思考では捉えきれないほどの長い時間ということなのです。

帰命無量寿如来、南無不可思議光」という正信偈の出だしがあります。無量寿とはとてつもなく長い時間をさします。そして不可思議光とはとてつもない広がりをさします。では、私たちはそう聞くと、何だか“わかったような気がします”が、これこそ、とても短い時間感覚と、狭い考え方です。だから「世の盲冥」といわれます。世の盲冥とは愚かな私たち、人間のことでした。

阿弥陀様は仏となるまでに五劫、そして仏となってから十劫の間、誰を待っていたと思いますか。

それはこの文章を読まれている方だけではなく、読まれていない方も「全て」ということです。そんな考え方、できますか?平素、あの人はいいけど、この人はだめ、といった、私たちがよくやる思考法ではないのです。だから阿弥陀様の法身(仏法に生きられるお姿)から放たれる光の輪は分け隔てなく(きわもなく)、私たちの狭く暗い了見を照らしてくださっている、というのです。…実感できますか?

さて今の世の中はどうでしょう。親鸞聖人の時代とさほど変わりません。自己中心的な、狭く、短い思考があふれています。互いを分け隔てし、優劣を競いながら生きています。そうして片方では「昔はよかった」「明るい社会を」といいながら、今ある関係性を切り捨てて生きています。残念ながらその自覚のない人もいます。

やはり今の時代こそ、ご和讃を深くいただく必要があるようですね。

(第2回終わり)

この文章は、眞廣寺寺報の「翫湖堂だより」に連載したものを必要に応じて一部加筆したものです。

2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 2016/11からのデザイン

    2016.11.9

    サイトリニューアルをいたします【工事中】

    普段大阪⇄米原間を行ったり来たりの生活なので、なかなか着手できなかったのですが、この度サイトリニュー...
  2. 2012年11月のことば

    2012.11.11

    終末を見据えて

    やっとこさ、掲示板更新しました。10月分と、11月分も。
  3. アップデート通知

    2011.2.17

    アップデートに気をつけて!

    「量の増加は質の低下」という言葉がありまして…。
  4. 2013年7月の言葉

    2013.7.16

    お経は人生の地下水である

    [caption id="attachment_2995" align="alignright" w...
  5. この荘厳、ご門徒さんが自らなさるのです。

    2011.2.22

    まわりぼとけさん

    [caption id="attachment_1519" align="align...