和讃に聞く第3回・智慧の光明はかりなし
木漏れ日の光

いのちを育む光

今回は、浄土和讃の2です。

  智慧の光明はかりなし
    有量の諸相ことごとく
    光暁かぶらぬものはなし
    真実明に帰命せよ

■「ふたつのちえ」
今回は、浄土和讃の2です。

冒頭に「智慧(ちえ)の光明」とありますね。

仏教では「ちえ」に2種類あると大先輩から教えていただきました。ひとつは「人間の知恵(智恵)」そして、「仏さまの智慧」です。同じ「ちえ」のようですが…比べてみましょう。

まず人間の知恵とは、例えば機械の使い方を覚えようとして、本を読まないと覚えられないように、「積み重ねること」を要求する知恵です。金子大榮師はかつて「知識」と表現されました。

ひとの知恵は積み重ねて、自分のものにしないとその恩恵を受けることができません。いや、むしろ積み重ねても「覚えられない」、つまり自分のものになるかどうかわからなかったり、努力の甲斐なく自分のものにならない、ということもあります。

苦労しないと手に入らないから、知恵を積んだ人はその恩恵だけでは飽き足らず、知恵の上にあぐらをかきます。具体的には、自分より積み重ねが足りない人を見つけて「あいつより俺の方が優れている」と見下すのです。もっとひどくなると、初めて会うひとでも、全く会ったことのなく、伝聞で知っているような人でも、憶測で「あいつはダメだ」と切り捨てようとします。心当たりはありませんか?…どうしてそんな悲しいことをしてしまうのでしょう。

仏教ではその背景に「畏れ(おそれ)」を挙げます。

五怖畏と言って、私たちは5つの畏れを持っているというのです(華厳経)。不活畏・堕悪道畏・悪名畏・死畏・大衆威徳畏…詳細な説明はここでは書ききれませんが、簡単に申せば「えらばれ、きらわれ、みすてられる」恐怖です。そして「えらばれたくない、きらわれたくない、みすてられたくない」という一心で、そうなる前に他者を切り捨てるのが人間の本性なのです。人間とは所詮そういう限界のある知恵しか持たないのです。

一方、仏さまの智慧は、「えらばず、きらわず、みすてず(故 竹中智秀師の言葉より)」。いつでも、どこでも、まさに「今」、誰にでも等しく届く智慧なのです。だからそれは「光」に譬えられます。「智慧の光明」とは人間の浅はかな知恵では「はかれない」智慧なのです。どんな光か…人間の知恵で考えても無駄だというのです。ただその光は必ずあって、それは「有量の諸相」〜生きとし生けるもの〜を活かす光です。

ところで、「光暁かぶらぬものはなし」とは不思議な表現ですね。光があたる、照らされるというならわかりますが、「光をかぶる」とはどういうことでしょう。「かぶる」とは「この身にこうむる(蒙る)」、つまりはお湯をあびるようなものです。つまりおしりの隙間や脇のウラまで、私の恥ずかしいところ、隠しておきたいところまでを触れるように明らかにされるというのです。

悲しいかな、人間は浅はかな知恵でもって自分の不都合を隠そうとし、あれこれ画策します。しかし、仏さまの智慧からはすでに「おみとおし」です。ゆえに真実の光、「真実明」なのです。そのような不可思議の(考えても無駄ですよという)はたらきに「帰命」、つまり素直に手を合わせましょう、と親鸞聖人は仰るのです。

(第3回終わり)

この文章は、眞廣寺寺報の「翫湖堂だより」に連載したものを必要に応じて一部加筆したものです。

2017年7月のことば

2017年7月のことば

合掌して
ごはんをいただけない人は
不幸な人だ

ランダムピックアップ

  1. 赤ちゃんと自衛官

    2011.3.24

    未曾有の災害

    [caption id="attachment_1915" align="alignright" w...
  2. リアル一休さん

    2013.11.15

    世の中は 喰うてかせいで寝て起きて さてそのあとは死ぬるばかり 一休

    [caption id="attachment_3178" align="alignright" w...
  3. 2011.3.9

    真廣寺 春の永代経 お知らせ

    毎年恒例の、春の永代経のお知らせです。
  4. renewal site screen shot

    2010.11.9

    新装開店

    [caption id="attachment_517" align="alignright" wi...
  5. 結願日中のようす

    2012.12.3

    報恩講円成いたしました

    [caption id="attachment_2724" align="alignright" w...